Archive for the ‘弁護士チーム’ Category

【高校講演】都立大崎高校で講演しました(真下麻里子)

2017-03-31

平成29年(2017年)3月21日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士真下麻里子が都立大崎高校のいじめ防止・マナー向上フォーラムにて、同校の高校二年生の生徒さん達に対し、講演しました。

日常の些細なすれ違いを題材にした事例をもとに、いじめ防止対策推進法で定められたいじめの定義やいじめの構造などについてお話ししました。
生徒さん達は、いじめを目の当たりにしたときの具体的な行動内容について質問するなど、積極的に講演に参加してくださいました。

この度の講演が、いじめに対する理解を深める一助になればと思います。
ストップいじめナビ!弁護士チームとしましては、これからも積極的に授業・講演活動を行っていく予定です。

当日の様子は、都立大崎高校のホームページにも掲載されています。
都立大崎高校の報告ページ

「平成29年3月21日 いじめ防止フォーラムを実施しました」
http://www.osaki-h.metro.tokyo.jp/site/zen/page_0000000_00102.html


【職員研修講演】私立豊島岡女子学園中・高等学校

2017-03-15

​【私立豊島岡女子学園中学校・高等学校  講演】

2017年3月3日、「ストップいじめ!ナビ 弁護士チーム」の弁護士真下麻里子が私立豊島岡女子学園中学校・高等学校にて、同校の教職員の方々に向けて講演いたしました。

講演内容は、「いじめ防止対策推進法の活用方法」と題しまして、現場で法的リスクに注意を払うための具体的な方法やいじめ防止対策推進法の活用例についてです。

一時間半という比較的長い時間ではありましたが、多くの方々が最後までメモを取る手を止めることなく聞いて下さいました。

実際に現場で起きる「いじめ」と評価するのが悩ましい事態についてや、職務に関する適切な記録の方法などについても質問が出るなど、活発な議論が行われる場面もありました。

「ストップいじめ!ナビ 弁護士チーム」としましては、これからも積極的に講演活動を行っていく予定です。

17016789_610257535851109_616608683619741609_o

 

 

17192404_610257542517775_3224964921863758910_o

 

 

 

 

 

 

 

 


【予防授業】私立富士見中学校2年生

2017-03-07

【私立富士見中学校2年生 いじめ予防授業】

平成29年2月27日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士足立悠と弁護士鈴木彩葉が、私立富士見中学校にて、中学2年生を対象にいじめ予防授業を行いました。同校では、同月23日の中学1年生対象に行ったものに引き続き、2回目でした。

中学2年生では、クラスをシャッフルして行いました。ストップいじめ!ナビのオリジナル事例を用いて、いじめ防止対策推進法で定められた定義等を示しつつ、具体的な場面でどうすべきかを生徒の皆さんと一緒に考えました。

シャッフルクラスでも、生徒たちからは活発に発言をいただきました。「いじめ」に該当するかどうかについて、当初は「わからない」という意見が多数だったからこそ、より一人一人が考えながら耳を傾けてくれました。

本日の授業が少しでも生徒のみなさまの心に残り、今後の生活に生かしてもらえればと願っております。

ストップいじめナビ!弁護士チームとしましては、これからも積極的に授業・講演活動を行っていく予定です。

富士見中学校のホームページでも、当日の様子をご紹介いただいております。
http://www.fujimi.ac.jp/public/academy_news/18718

 

 

IMG_5306-330x220IMG_5304-330x220


【掲載】WEBRONZA記事が紙面で紹介

2017-03-03

◆「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の小島秀一弁護士のWEBRONZAの記事紹介が,2月28日の朝日新聞朝刊記事,朝日新聞デジタルで紹介されました。◆

↓朝日新聞デジタルの記事はこちらから読むことができます。

「(WEBRONZA)『いじめ』の定義に共通認識を」
http://www.asahi.com/articles/DA3S12817357.html
(※無料会員登録で全文を読むことが可能です)


【予防授業】私立富士見中学校1年生

2017-02-28

【私立富士見中学校1年生 いじめ予防授業】

平成29年2月23日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士足立悠、石垣正純、卯木叙子、金子春菜の4名が、私立富士見中学校にて、中学校1年生を対象にいじめ予防授業を行いました。

授業では、いじめ防止対策推進法において「いじめ」がどのように定義されているか説明して「いじめ」とは何かをまずは生徒のみなさんの共通の認識にしてもらい、そして、具体的な場面で何ができるかを事例に即しつつ生徒のみなさんと一緒に考えました。

生徒のみなさん一人一人が一生懸命考え、積極的に発言をし、また、弁護士の話に熱心に耳を傾けてくれました。
本日の授業が少しでも生徒のみなさんの心に残り、今後のきっかけになってもらえればと願っています。

ストップいじめ!ナビ弁護士チームでは、今後も積極的にいじめ予防授業・講演活動を行っていく予定です。

 


【授業報告】大妻中野中学校(3年生)

2017-02-22

【弁護士チーム授業報告】(大妻中野中学校)

「弁護士チーム」は、2月15日、私立大妻中野中学校にて、学年一斉の授業を実施しました。
今回は、通常のディスカッション形式のいじめ予防授業ではなく、「デモンストレーション型の模擬調停」という形で授業を行いました。人と人との間に問題が生じた際、どのように間に入って調整したらいいかを調停という場面を疑似体験してもらうことで学んでもらうのが目的です。

今回の講師は弁護士チームの、真下麻里子、小島秀一、石田愛の3名。

「調停委員役」「被害者(申立人)代理人役」「加害者(相手方)代理人役」として、2・3人ずつの生徒さんが、それぞれの役になってもらい、あらかじめ用意したシナリオをもとに「調停成立」を目指して進めてもらいました。

デモンストレーションを見ている生徒さんたちには、加害者側、被害者側、調停委員のやりとりから、発生した問題や発言をどう感じるか、またどう対処すれば相手を説得しやすいかなどを資料とワークシートを参考にしながら考えてもらいました。

それぞれの役を引き受けてくださった生徒さんたちは、被害者側と加害者側からそれぞれ異なる主張がなされる難しい「調停」という場を、しっかりと進めてくださいました。学年みんなの前でデモンストレーションを行うのはとても緊張したはずですが、堂々と、時にアドリブを交えながら演じてくださいました。結果、大変充実した内容になりました。

今回の授業を通して、トラブルが起こったとき、間に入って調整することの意義・意味や、相手を説得することの難しさ、公平中立であろうとしても「危うさ」が存在することなど、調整することの大切さや難しさ、奥深さを感じてもらえればと思っています。

今後も、弁護士チームも更にバージョンアップを重ねながら、学校での授業も展開させていただくつもりです。

(写真は、実際の授業実施の様子です。学校の許可を得て掲載。プライバシー保護のために、一部ぼかしを入れています)

 

16832291_599783313565198_4641387178406798751_n16864610_599783306898532_5604500003881807690_n16683952_599783310231865_8257825041188187186_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【いじめ予防授業】東京YMCA高等学院・足立、金子(弁護士チーム)

2017-02-22

【東京YMCA高等学院いじめ予防授業】

平成29年2月22日、いじめ予防の取り組みであるピンクシャツデーにあわせて、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士足立悠と弁護士金子春菜が、東京YMCA高等学院にて、いじめ予防授業を行いました。

足立から、ストップいじめ!ナビのオリジナル事例とパワーポイントを用いて、いじめ防止対策推進法で定められた定義等を示しつつ、具体的な場面でどうすべきかを生徒の皆さんと一緒に考えました。金子からは、同法の立法経緯や立法に込められた思い等をお伝えしました。

生徒たちからは、体験に基づく意見や授業を踏まえたうえで自分が今度どうしていきたいかの決意等、活発に発言をいただきました。

本日の授業が少しでも生徒のみなさまの心に残り、今後の生活に生かしてもらえればと願っております。

ストップいじめナビ!弁護士チームとしましては、これからも積極的に授業・講演活動を行っていく予定です。

東京YMCA高等学院のHPに紹介していただきました。↓

http://tokyo.ymca.or.jp/news/2017/02/20170223-01.html


【コメント掲載】2月14日、横浜のいじめに関してコメントを寄せました(真下・弁護士チーム)

2017-02-15

今朝の朝日新聞、朝刊社会面に、当団体理事の真下麻里子弁護士が横浜の市教委謝罪に関して、コメントを寄せました。

コメントは記事の後半にありますが、朝日新聞デジタルの無料登録が必要です。ログインし閲覧が可能だとのことです(一日一本のみご覧になれます)、ご覧になられる方は、よかったらご覧下さい。/
金銭授受、一転「いじめ」 横浜市教委、謝罪 原発避難で不登校:朝日新聞デジタル


小島(弁護士チーム)朝日新聞の「WEBRONZA」に掲載

2017-02-14

◆「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の小島秀一弁護士の記事が朝日新聞の「WEBRONZA」に掲載されました。◆

仮に「いじめは絶対に許されない!」との標語をうたったとしても、「いじめ」というものへの共通理解がなければ、各当事者により都合の良い解釈が可能となり、いじめ防止への意味を失ってしまうことになります。 「いじめ」とは何か、その定義や概念の説明の仕方、いじめ概念の共通認識化の重要性等を述べた記事となります。 ご関心がある方は、ぜひ、お読みいただければ幸いです。

小島のWEBRONZA記事は今年2回目の掲載になります。
「いじめは許されない」、では「いじめ」とは何か

http://webronza.asahi.com/national/articles/2017020200001.html


【いじめ予防授業】浦安市高洲中学校(弁護士チーム)

2017-01-31

平成29年1月27日(金)、「ストップいじめ!ナビ 弁護士チーム」の弁護士の小島秀一、白木敦士、足立悠、金子春菜、馬場大祐の5名が、浦安市立高須中学校にて、同校の生徒のみなさまに向けて講演を行いました。

講演テーマは、いじめ防止対策推進法において「いじめ」がどのように定められているのかというものです。弁護士5名は、法律上「いじめ」が広く定義されていること、それはいじめの早期発見と早期解決のためであること、早期発見ができないといじめはエスカレートしていくこと、集団の力の恐ろしさ等について、ある事例をもとに双方向型の講演を行いました。

通常は講師1人が1クラスづつ担当することが多いですが、今回は1年生と2年生の合同授業という形で行いました。

50分間の講演の中で、生徒のみなさんは少し照れながらも積極的に発言し、また、弁護士の説明に熱心に耳を傾けてくださいました。今回の講演が少しでも生徒のみなさまの心に残ってくれればと願っております。

浦安市高洲中学校にも、当日の様子を掲載いただいております。
→ http://www.city-urayasu.ed.jp/tksj/3001793/3005326/3005517.html

ストップいじめナビ!弁護士チームとしましては、これからも積極的に講演活動を行っていく予定です。

« Older Entries
Copyright(c) 2014 stopijime.navi All Rights Reserved. Design by Cloud template