Archive for the ‘活動報告’ Category

【情報発信】「コロナ以後」のいじめ・不登校などに関する要望と方策

2020-06-24

以下の発表資料のPDF版を用意しました。こちらからダウンロードください。
http://stopijime.org/npo/wp-content/uploads/2020/06/20200625stopijimenavi_release.pdf

「コロナ以後」のいじめ・不登校などに関する要望と方策

ストップいじめ!ナビ/2020年6月25日

 

新型コロナウィルス感染症(COVID−19)の世界的蔓延により、教育現場では数ヶ月近くの「休校」を余儀なくされました。その後、徐々に休校処置は解除され、学校生活が本格的にスタートしています。

この出来事によって生じる、いくつかの懸念があります。休校による学業不安は広く注目されますが、学校再開後の問題もあります。カリキュラムを消化するための過剰指導ストレス、衛生に気を使いすぎることによる心理的疲労、いじめや不登校などつらい状況を生み出す環境悪化などです。

そこでこの声明では、特に「いじめ・不登校」の観点について、いくつかの要望と方策についてまとめました。多くの方々と共有することで、議論の材料となればと思います。

 

【学校に行きづらい子どもたちへの配慮】

・不登校の子どもたちに、「再登校圧力」を高めないで

コロナ以前から不登校状態にある子どもにも、配慮が必要です。全国一斉に学校に行かない状態が続いてきたからこそ、学校再開はすべての子どもがリセットされた機会ととらえ、「これまで学校に行かなかった・行けなかった子どもたち」に登校刺激を行い、学校復帰を促す動きもあります。ただし、当事者には大きなストレスであり、心の傷を増やしてしまいかねません。不登校に関する対応や支援は、今回のコロナとは別の議論が必要となります。

 

・「不登校傾向」にある子どもたちにも配慮を

また特に、「仮面登校」や「隠れ不登校」と呼ばれる、文科省の定義する「不登校」に当てはまらない、「不登校傾向にある子ども」への配慮も必要です。学校再開後しばらくは、そのような子どもたちにとってはとてもエネルギーを使う期間でもあります。コロナ休校をきっかけに、自分の学校ストレスに気づく子どももいます。学校再開について話し合い、場合によっては大人から子どもに、学校を休むことを促すなど、無理をしすぎない、温かいまなざしで見守ることが大事です。

※「隠れ不登校」:日本財団による調査結果 https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/information/2018/20181212-6917.html

 

・長期休み明けに、不安のない気持ちで過ごせる環境を

以前より私たちは、「連休明けブルーにご用心」と、長期休み明けについて気を付けること・必要なことについてメッセージを配信してきました。連休明けの学校再開時は、子どものストレスが高まり、自殺件数も増加します。今回のコロナ禍では対応すべきことや論点は必ずしも同じものではありませんが、子どもたちのストレスや不安のための対応は、共通するものがあると想定しておくことが必要です。

※「連休明けブルーにご用心」:ストップいじめ!ナビ http://stopijime.jp/message.html

 

【“学校ストレス”を軽減させる対策】

・「遅れた勉強を取り戻す」を焦らないで

これまでに経験したことのない休校期間がゆえに、学校再開後、遅れた学びを取り戻そうとする動きが加速しています。ですが、教員や保護者が「勉強を取り戻す」ことで焦ること自体が、子どもにとってはストレスリスクとなり、授業の進捗から排除されてしまうケースも増えます。まずは状況を見極め、安心して生活できる場づくりに集中するなど、柔軟な対応をこころがけましょう。

 

・「感染症対策」は重要、でも「強要」しないよう注意して

学校再開後の感染症対策はとても重要です。しかし、保護者に対して細かな対応を求めたり、条件をクリアしないと指導されるといった、「過度な強要」と感じる事例も見受けられます。マスクの色や材質の指定、消毒液の持参や検温など、諸条件に当てはまらないと学校に来てはいけない、理不尽な指導を受けるといった事例も報告されています。教員にとっても、「全員の熱を測る」「放課後のたびに教員が全ての机を消毒する」などの過重労働も発生しています。科学的根拠と現実的なリソースとの折り合いをつける、「合理的な対処」の最善を考えていくことが重要です。

 

・コロナ対策で生まれるストレスの対応を

すでに、教室内では「フェイスシールド」や「座席机シールド」などで工夫をしながら授業が再開されています。試行錯誤を行うことに対しては理解できますが、「子どもの最善の利益」(子どもの権利条約)を考える視点が重要です。透明とはいえ、物理的に「境界」ができることへの心理的圧迫感、孤立感、視界の変化、シートの汚れなど、かえってストレスを生じる可能性もあります。加えて、今後、気温上昇による熱中症リスクなども生じます。一度取り組んだことを再検討し、無駄だと思うことをなくしていくことも必要なのではないでしょうか。

 

【いじめのリスク軽減のための対応】

・コロナ感染者への偏見をなくそう

コロナウィルスに感染した人に対する偏見や差別がすでに生じています。家族やその職場で感染者がいたというだけで、子どもたちが学校で避けられたり、いじられたりした事例がすでに報告されています。そのような状況を生まないようにするため、これまで以上に優先順位を上げて対応していくことが求められます。偏見や差別をしないためにも、科学的根拠に基づいた説明に加え、人道面へのケアが必要です。

 

・「菌」「ウィルス」など、感染症を模倣したいじめに、より一層の注意を

上記とも関連しますが、感染症のレトリックを模倣する行為は、対象となった子どもにスティグマを生じさせ、いじめを加速させるリスクがあります。既に相談窓口などでも、「コロナ」をもじったいじめが起こっていると報告がなされています。過去の震災などでも、その後に、いじりやいじめが増加している傾向にあったり、被災地の避難先でいじめにあったりする事例なども起こりました。対処として、コロナに関連した言葉遣いに気を付けること、メディアからの影響・誤解を解くこと、情報共有のためのコミュニケーションの時間を持つことなどが重要です。

※コロナ感染症に関する「社会的スティグマ」についての解説は、ユニセフ等が作成した資料を参考にしてください:「COVID-19に関する社会的スティグマの防止と対応のガイド」 https://www.unicef.or.jp/news/2020/0096.html

 

・学校内でストレス環境を作らないために

自粛対応などで、これまでコロナ禍における休校ストレスが注目されてきましたが、学校再開後は、学校内でストレス環境を作らないための対応策も重要です。特に、友達と会ったり遊んだりする機会が制限されてきた子どもたちにとっては、学校が再開されても、ソーシャルディスタンスで接近や会話ができないことなどが指摘されています。

また加えて、授業以外のイベントや運動機会の不足、教室以外の居場所の制限、休み時間の短縮、下校時に一緒に話しながら帰れない等、細かな制約が積み重なるなど、「コーピング手段」(コーピングとは、ストレスに対する対処法のこと)が失われることによって、ストレスを抱えたり解消したりする機会が奪われてしまう可能性もあります。

 

【コロナ禍だからこそ、学校の環境・ルール・制度を変えよう】

・コロナ対応による「新しいルール」に、合理的配慮を

感染症対応による分散登校やマスクやフェイスシールド、消毒作業、授業の取り組み方など、「新しい生活様式」が強調されていますが、「新しい生活様式」はあくまでトップダウンの提案の形であり、全ての人がそれに適応しなければならないというものではありません。重要なのは「合理的配慮」や「合理的対処」ができているか、常に点検し続ける体制です。

 

・コロナ災害だからこそ「校則見直し」を

これまでに運用されていた「校則や指導方法」をこの際に見直すことも必要です。例えばこれまで、「学校を休む場合、学校に直接、電話やメールをしてはならない」「休校届けを、登校する他の生徒に託し、担任に渡すこと」といった校則がありました。こうした対処はもともと、病時にあって非常に不合理なものでした。

マスクの色指定、制服の衣替えの時期指定、授業中に顔を仰いではならない、日焼け止めを持ってきてはならない、など、不合理な校則や理不尽な指導は、この時期だからこそより顕在化していきます。子どもだけでなく、教師の負担軽減などにもつなげるために、できることは多くあります。

 

・学校環境をよりよくする機会として

コロナ禍だからこそ、学校環境を安心・安全な空間に変えませんか。例えば、夏場の熱中症に備えて、飲み物の持参の許可。授業中の摂取の許可。学校に「飲み物コーナー」を設ける。授業終了後に水分補給タイムを設ける(あくまで一例)などです。これまでは、飲み物持参が許されないケースが多く、さらには今なお、「体育や部活中の水飲み禁止」などの事例も存在します。これらの対処を見直さなければ、集団的な熱中症を誘発することになってしまいます。

また、体育館での冷房設置率は3.2%にとどまっています。体育や部活を考えるならば、国・行政による思い切った予算措置、補助を促進することの政策課題に取り組まねばなりません。

 

・先生を増やす、学校以外の居場所を増やすための施策を

学校現場の教員の負担は以前から喫緊の課題でした。そしてコロナ禍における学校再開は、その状況をより顕在化させています。臨時教員だけでなく常勤教員を増やす、学校内外の居場所を増やす、既存の居場所の支援などの施策を推し進めるための予算措置が求められます。すみやかな対応促進のための議論が欠かせません。

 

◆作成:NPO法人ストップいじめ!ナビ
◆メッセージに関する問い合わせや取材依頼など https://stopijime.org/?page_id=231


【祝!再生回数1万回】「TED×Himi」の真下のスピーチ(2017年公開)

2020-06-09

理事の真下麻里子が2017年に「TED×Himi」に登壇した動画が、1万再生を超えました。
登壇した内容は、
「いじめを語るうえで向き合うべき大切なこと」。

まだまだ共有していきたい、いじめに関する基本となる考え方を提案しています。真下自身のライフストーリーも少し、語っています。
まだ、ご覧になっていただいていない方も、ぜひこれをきっかけにご視聴いただけますと幸いです。

****以下真下によるコメント****
登壇から3年ほど経ち、私自身の経験やそれに伴う視点はどんどん変わってきていますが、ここで話している想いはほとんど変わっていません。

まさに私の”核”を取り出してくれたトークだと思っています。

引き続き、少しずつ広くたくさんの方々にご視聴いただけたら嬉しく思います。
(真下麻里子)


【報道・パブリシティ】休校明けの子どもたちへの対応

2020-06-02

6月から、全国的に「学校再開」となっています。社会の大きな変化の中で、子どもたちの状況に対する心配も出てきているようです。
主に副代表の須永が、最近、いくつかのインタビューに答えていますので、ご紹介します。

■朝日新聞「EduA」(5.31)
https://news.yahoo.co.jp/…/bc41accbf6c18bae10272d8029eb5e6f…

■神奈川新聞(1面トップと社会面 5.31)
【新型コロナ】6月から学校再開、でも… 「子どもの声、受け止めて」
https://www.kanaloco.jp/article/entry-368567.html

学校再開、子どもの内面に目を向け「緩やかにスタートを」(会員限定記事 5.31・詳しいインタビュー)
https://www.kanaloco.jp/article/entry-368563.html

■時事通信(5.9)
学校再開後のいじめ自殺警戒 「コロナストレスも」―専門家
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020050800703&g=soc

■週刊女性(5.17)
新型コロナ》学校再開で高まる「自殺リスク」子どもを不安から救う3つのキーワード
https://www.jprime.jp/articles/-/17883

(6月4日追記)
■テレビ朝日「報道ステーション」(6.3)
休校明けの子どもたちの不安…大人にできることは
https://news.tv-asahi.co.jp/news_so…/articles/000185437.html
(翌朝の「グット!モーニング」でも放送)

(6月5日追記)
■NHK静岡放送局「たっぷり静岡」(6.4)
休校明けの子どもたちの不安は(コメントを寄せました)
https://www4.nhk.or.jp/P1026/

 

* * *
子どもたちの影響に関しては、新型コロナウィルス感染症の「対策」や「学力の遅れ対策」に視点が集中しがちです。
それはそれで大事ですし、重点的に対応される必要がありますが、子どもたちにとっても未知の環境のなかで、いかに過ごしやすく、安心でき、学びやすい環境を作っていくかについても、重要なことと思います。
みなさまの参考になれば、幸いです。(須永)


【資料公開】心理的危機対応プラン「PCOP」を活用してみませんか

2020-04-14

ストップいじめ!ナビでは、3月19日、「死にたい、と思うくらいつらい」気持ちを支えるための、「無料コンテンツ」を公開いたしました。

「心理的危機対応プラン:PCOP(ピーコップ)」

春は自殺者数が増加する時期です。また、コロナウィルス感染症の世界的流行も影響して、不安な毎日を過ごされている方もおられるかと思います。

また学校は、新年度開始の時期ですが、学校がいつ再開されるのか不透明の中で、不安を抱えている子どもや若者のみなさんも少なくないのではないかと考えます。

この「心理的危機対応プラン:PCOP(ピーコップ)」は、30分ほどで行える、簡易的な認知行動療法のキットです。

「死にたいほどつらい」時、「不安な毎日を過ごしている」時、「モヤモヤがいつも続いている」時、この資料をご覧になってみてはいかがでしょうか。何らかの「落ち着ける」「抜け出す」ヒントを見つけるきっかけになると幸いです。

また、多くの方にご紹介いただけると嬉しく思います。

詳しくは・・・

*********************

【作成担当の荻上チキが解説】

上記の資料に関しての詳しい紹介や経緯をnoteに掲載しています。
https://note.com/ogiuechiki/n/nf7371c8d5435

NPOの特任研究員で精神科医の増田史さんと共に日本版を作成。精神科医の松本俊彦さん、臨床心理士の伊藤絵美さんに監修として助言いただきました。「いつでも・誰でも・どこでも・すぐに」使えるセルフケアのツール。コーピング(対処法)の「手札」として、ご活用ください。

*********************

【『心理的危機対応プラン「PCOP」】
【Psychological Crisis Coping Plan 日本語版リーフレット』】

stopijime.jp/pcop.html

【作成】
荻上チキ(評論家、NPO 法人ストップいじめ!ナビ代表)
増田 史(精神科医、NPO 法人ストップいじめ!ナビ特任研究員)

【監修】
伊藤絵美(臨床心理士、洗足ストレスコーピング・サポートオフィス所長)
松本俊彦(精神科医、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所・薬物依存研究部部長)

【リーフレットデザイン】
松岡宗嗣(一般社団法人fair代表理事)

※この日本語版リーフレットは、Craig J. Bryan 氏許諾の元で作成しています。


【新聞連載】教育新聞にて理事・真下、連載開始

2020-04-02

弁護士で理事の真下麻里子が、
教育新聞にて、連載を開始しました。

タイトルは、
「寛容な教室のつくり方〜弁護士からの提案〜」
です。

テーマは、学校の教室の中で起きる「いじめ」の問題がメインになりますが、そこにはもう一つのテーマ「〜すべき」というキーワードが加わります。

全10回シリーズ、ぜひ、ご覧いただけますと幸いです。

https://www.kyobun.co.jp/education-practice/p20200327/

(写真、教育新聞社より)

【ラジオ(ネットで】コミュニティFMにてトーク(真下)

2020-01-31

理事の真下麻里子が、昨年2019年10月2日にラジオに出演した際の様子がYouTubeに公開されました。

レインボータウンFM(88.5MHz)
「PdCのJAZZ the dots」

#14「いじめを問題解決の手段として選ばせないために」
https://youtu.be/34T1UHtZm1M

いじめに対する考え方や、弁護士チームのいじめ予防授業の内容が短い時間でわかりやすくまとめられています。

パーソナリティは、株式会社Public dots & Companyの伊藤大貴さんです。

お手隙の際に是非ご視聴ください。


【書評掲載】東京子ども図書館機関誌に(真下麻里子)

2020-01-23
こどもとしょかん2020冬 164号表紙

「こどもとしょかん」表紙164号東京こども図書館発行)

理事の真下麻里子の書評が、東京子ども図書館機関誌「こどもとしょかん」164秋号に掲載されました。この本は50万部となるまで話題となっている「こども六法」(山崎聡一郎著 弘文堂)。

話題となっている本だけど、でも、ちょっと気を付けてほしいポイントを押さえて「この本の読み方」について解説。弁護士の視点から「子どものために、大人は法とどう向き合えばよいのか」を示唆しています。

下記から掲載された記事PDFをダウンロードいただけます。是非ご参照ください。

 
【真下の書評の一部から……】
 本書を読みながら、各法律の役割や各条文が何を守ろうとしているのかを子どもと一緒に考えてみて欲しい。法があらゆる場面を想定し、あらゆる角度から私たち一人一人の生命や尊厳を守ろうとしていることにきっと気付く。それこそが、私たちが子どもたちに伝えたい本当の価値だ。
直接ご覧いただける画像も下記に掲載中です。
 
 
【引用・ご紹介】
・「東京こども図書館」機関紙「こどもとしょかん」164秋号に掲載されたものです。
・東京こども図書館をお知りになりたい方はウェブサイトから http://www.tcl.or.jp
・「東京こども図書館」代表の張替さん、スタッフの護得久さん、吉田さんは、ストップいじめ!ナビのメンバーとして一緒に活動を行っています

【活動報告】いじめ予防に関する講演 早稲田大学・教育学部

2020-01-22
 
令和元年1月14日、理事の小島秀一弁護士が、早稲田大学・教育学部にて教職課程の学生を対象に講演を行いました。
 
前半は、児童生徒にいじめをより理解してもらうための考え方について、後半は、教員となった際に知っておくべき「いじめ防止対策推進法」の内容についてお話ししました。
授業では、参加した学生さんにも意見を出してもらいつつ、児童生徒がより腑に落ち易い説明はどのようなものか、様々な材料を提供できるように努めました。
授業後には、十数名の学生さんから素晴らしい感想も頂くことができ、教育者を目指す学生さんたちの真摯な姿勢を感じることができました。
 
「ストップいじめ!ナビ」は、今後、教員を目指す大学生向けの講演活動も積極的に行っていきたいと思います。
講演の実施に関しては、
問い合わせフォーム: https://stopijime.org/?page_id=231
までお問い合わせください

【講演】LGBTに関する講演:明智カイト

2019-11-01

【LGBTに関する講演:明智カイト】
ストップいじめ!ナビのメンバーの明智カイトが、10月19日に品川区の小学校の保護者のみなさんに「性の多様性の授業」に関する講演を行いました。

*********
品川区立延山小学校保護者のみなさまに「性の多様性の授業」をテーマに講演しました。

LGBTの子どもたちが安心できる学校つくりや、周囲の人たちはLGBTの子どもたちに対してどのような配慮をすれば良いか、などについてお話しました。

これからも子どもたちが命や尊厳を大切にできる授業を行ってまいります。


【弁護士チーム】いじめ予防授業報告 文教大付属中学校

2019-10-16

◆◇◇◆

令和元年10月9日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士松坂、西野、松岡、宮下、大田の5名で、いじめ予防授業を行いました。

今回の対象は、文教大付属中学校1年、2年の各5クラスでした。

中学1年生は「同調圧力事例」をもとにいじめの構造について、2年生は「助けた後事例」をもとに具体的な行動と「中立」の概念について考えました。

1年生は、DVD事例に引き続いて、本年度2回目の授業でした。そのため、記憶も新しく、法のいじめの定義についても覚えている生徒も多く、その上で新たにいじめの4層構造について理解を深めてくださったと思います。2年生も、中立の概念について、沢山の意見を出してくださり、見て見ないふりをして我関せずの態度をとることが真の中立ではないことをしっかり理解してくださったと思います。

ストップいじめナビ!弁護士チームは、これからも授業のほか、学校関係者への講演活動を行っていく予定です。

講演の実施に関しては、下記のアドレスからお問い合わせください。

講演などの各種依頼

【文教大付属中学校】
https://www.bunkyo.ac.jp/jsh/


« Older Entries
Copyright(c) 2014-2018 stopijime.navi All Rights Reserved. Design by Cloud template