Posts Tagged ‘自殺’

【報道】夏休み明けやいじめに関する報道

2018-09-02

8月下旬から、「夏休み明け」や「いじめ」に関して、さまざまな形で、報道が続いています。
私たちも、夏休み明けに関する報道に際して、取材依頼を受け、一部コメントや発信などをおこないました。

・NHKEテレ いじめをノックアウト!スペシャル第11弾=荻上チキ生放送出演(8月30日)
http://www.nhk.or.jp/ijimezero/sp11/index.html

・東洋経済オンライン「日本の「いじめ対策」決定的に欠けている視点」=荻上チキ、新刊の内容を一部掲載(8月19日)
https://toyokeizai.net/articles/-/232049

・TBSラジオ「Session-22」=「荻上チキ渾身のいじめ対策講座 ~データと社会理論からみる本当に有効な対策とは?」荻上チキ本人がメインパーソナリティーのラジオで、まとめて報告(8月31日)
内容は、下記、音声配信でご視聴いただけます。
https://www.tbsradio.jp/288706

・J-WAVE  「JAM THE WORLD」UP CLOSEコーナー=荻上チキ生出演(8月22日)
「いじめを生む教室」を執筆した内容の一部を、フォトジャーナリスト安田菜津紀さんのナビゲートで紹介。
内容が、下記記事でご覧になれます。
https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2018/08/822-2.html

・不登校新聞(BLOGOS)=須永祐慈講演抄録掲載(8月31日)
7月にいじめをテーマに行った講演を抄録として不登校新聞の紙面に掲載(9月1日号)
http://blogos.com/article/321821/

・日本テレビ「スッキリ」=須永祐慈コメント出演(8月31日)
いじめ問題に子どもはどう向き合うべきか(などの内容)

・NHK静岡放送局「たっぷり静岡」=須永祐慈電話コメント出演(8月22日)
夏休み明けの自殺に関するニュース

・静岡放送SBSラジオ「IPPO」コーナー=須永祐慈電話コメント生出演(9月4日)
夏休み明けの自殺に関するニュース

 

夏休み明けに関する自殺の防止のための取り組みが広がることに関しては歓迎ですが、なかにはミスリードやまちがった情報の拡散なども散見されます。発せられる報道に関しては、注意を払いつつ、具体的な方策に対する議論が積み重ねられることを期待します。(参照=いじめ報道に関するガイドライン)

今後も引き続き、いじめやそれらに関する課題や問題について、継続した情報発信を行ってまいります。


【報道】朝日新聞朝刊(8月30日付)に掲載

2017-08-30

本日、8月30日付の朝日新聞朝刊の1面と第二社会面に掲載された、
夏休み明けの自殺に関する記事に、
ストップいじめ!ナビ、副代表の須永のコメントが載りました。

また、呼びかけを行っている「いのちの生徒手帳」についても、
写真付きで紹介されています。

須永のコメントは以下。
「つらいのは9月1日だけではない。すべての子が楽しく暮らせる
環境づくりを大人が広げていく必要がある」

記事は下記リンクから全文ご覧いただけます。

(2017.8.30 朝日新聞朝刊とウェブ)
夏休み後の登校、無理しないで 自殺防止へ団体呼びかけ
http://www.asahi.com/articles/ASK8V3T7BK8VUTIL009.html?iref=comtop_list_edu_n01

味方、ここにいるよ NPO、HPにいじめ発見シートや脱出策
http://www.asahi.com/articles/DA3S13108754.html
http://www.asahi.com/articles/DA3S13108810.html

 

 

 

 

【私たちの活動を支えるご寄付をお願いしています】
詳しくは→ http://stopijime.org/?page_id=27

 


【広く呼びかけ中】夏休み明けの子どもたちに寄り添いませんか

2016-08-24

【夏休み明け、子どもたちの気持ちに寄り添って(呼びかけ)】

8月もまもなく終わり、早いところでは25日から(もっと早いところも)、学校では「新学期」がスタートします。

内閣府が昨年発表した「18歳以下の日別自殺者数(過去40年)」では(下記写真参照)、9月1日前後が突出して多いという結果が出ています。

長い休みで、一休みできていた子どもたちも、1学期からトラブルを抱えている子にとっては、新学期がとても不安な気持ちを抱いている場合があります。

いじめだけではなく、嫌がらせやからかい、無視などを受け、とまどい、悩みながら過ごしている子どもたちに、どうかいつもより少し関心を持っていただけませんか。

不安や孤独感がいっぱいでも、必ず解決の糸口はある。そんな思いを込めて、メッセージを発信しています。
子どものそばにいる大人たちがよりそい、できることを始めていきませんか。

私たちは「連休明けブルーにご用心」と題して、今すぐ周りの大人や先生ができることをまとめたウェブページを公開しています。
ぜひ、参考にしていただいたり、多くの方々と共有していただければ幸いです。

*連休明けブルーにご用心*
http://stopijime.jp/message
**保護者のみなさんへのポイント**
1 長期の休み明け前後の子どもに注意してください
2 初日から無理に学校に通わせなくてもいい
3 休める場所を確保して、耳を傾けてください
4 「チェックシート」を参考に、対応を考えてみませんか
5 「第3者の相談先」を教えてあげることも大事
【参考】
・家族向けいじめ発見チェックシート →http://stopijime.jp/note/#checksheet
・保護者向け相談窓口情報 → http://stopijime.jp/consultation#contact_3

その他、子ども、教職員、行政、マスコミの皆さんへの呼びかけもおこなっています。詳細は下記アドレスまで。
http://stopijime.jp/message


Copyright(c) 2014-2018 stopijime.navi All Rights Reserved. Design by Cloud template