Posts Tagged ‘片山敦朗’

【新刊その1】スクールロイヤーにできること 発売!

2019-03-29

【この春の新刊!第1弾 ぜひ「春休みの一冊」に!!】

スクールロイヤーにできること
学校現場の悩みを法でサポート

編者:ストップいじめ!ナビ弁護士チーム
版元:日本評論社
定価:1,900円+税

 

◆学校関係者必見! スクールロイヤー活用ガイド◆

「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」初の書籍を出版!
最近、徐々に話題になっている「スクールロイヤー」制度。2018年度から文部科学省の事業としても配置され、これから学校現場に拡大されつつあります。
とはいっても、今までのイメージであった「教育委員会」や「学校」の単なる《顧問弁護士》とは違うのがこの制度。
学校で起こっているさまざまな問題・課題を、もっと日常に即した形で具体的に、解決するためのヒントがいっぱい詰まっています。
「法律に関する本」はやや難しいんじゃない? と思っておられるあなた! 本書の前半は特に「物語風」にわかりやすく解説しています。日常の、具体的なトラブルに少しでもお役に立てれば幸いです。

ぜひ、本書を学校現場などで「使いこなし」ていただき、よりよい学校空間になっていきますように……!!

★代表荻上チキ推薦!★

「学校には、校則という名の「オキテ」はあっても、法律という名の「ルール」がない!?
法律家から見た学校、弁護士が果たせる役割とは。
「スクールロイヤー」入門の決定版だ。

【書籍販売サイト】

【著者】弁護士チーム

真下麻里子、井桁大介、石田愛、小島秀一、足立悠、清水秀俊、西野優花、石垣正純、櫻井光政、飯野恵海、泉智之、片山敦朗、岡田常志、金子春菜、國松里美、松坂拓也

【もくじ】

第1章 スクールロイヤーがやってくる!

第2章 スクールロイヤーと学校法務
SL導入の段取り/学校の法的責任とは/学校経営に必要な個人情報保護/労務管理/外部者との契約交渉/保護者対応/ブラック部活・体罰/セクシャルハラスメント/ブラック校則・指導死/学校事故/少年事件/SNSトラブル/懲戒処分/不登校

第3章 スクールロイヤーといじめ対策
いじめ防止法とは/いじめ予防/いじめの初期対応/重大事態/SLと教育委員会

第4章 スクールロイヤーとこれから
――ナビの活動紹介

参考文献/執筆者一覧

 

【はじめにより(抜粋)】

本書は、日本初の教職員向けスクールロイヤーの取扱説明書です。
2018年4月、文科省がスクールロイヤーの試行を始めることを発表しました。8月には仙台市がスクールロイヤーを募集するとして話題になりました。実は大阪市では、大阪弁護士会と連携した独自のスクールロイヤー制度が2011年頃から始まり、試行錯誤を重ねて少しずつ実務に定着しつつあります。
~略~
もしかすると、本書をお読みになる方の中には「スクールロイヤーを導入すると、こんなに『ああしろ、こうしろ』と言われるのか」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、それは大きな誤解です。「ああしろ、こうしろ」という不寛容な姿勢が現場をよくすることなどありません。少なくとも私たちの考えるスクールロイヤーはそうした存在ではありません。また、スクールロイヤーの存在によって現場の負担がかえって重くなるようなこともあってはなりません。そのしわ寄せが必ず子どもに行ってしまうからです。
私たちは、法を振りかざして義務ばかりを強調したいのでは決してありません。多くの現場の方々と共に「少ない負担で教育現場に法的な視点を導入する方法」を検討していきたいのです。そうした議論がスクールロイヤーを真に現場に役立つ存在にしていくのだと信じています。本書がそのきっかけになれば望外の喜びです。
本書を手に取る皆様に、スクールロイヤーの魅力が伝わることを願います。
――執筆者一同


【いじめ予防授業】豊島岡女子学園にて実施

2018-09-13

◆◇いじめ予防授業報告 中学校◇◆

平成30年9月5日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士 石垣、飯野、金子、真下、岡田、片山の6名で、豊島岡女子学園中学校にいじめ予防授業を行いました。

今回は、中学一年生が対象の授業でした。
授業は、初回で行わせていただくことの多い「DVDの貸し借り事例」を読み、この事例はいじめと思うか、いじめだと思わなくとも自分がやられたら嫌か、どうすれば良かったのかなど、質問を投げかけやりとりする形ですすめました。

授業の冒頭のアイスブレイクでは各弁護士の自己紹介や日頃行っている弁護士の仕事についての説明も行いました。片山弁護士の担当するクラスでは、片山弁護士の琵琶演奏の一幕もあり、どのクラスでもほぐれた雰囲気の中で授業が進められました。

各クラスとも子どもたちが活発に忌憚ない意見が出され、質問に対して真摯に答えてくれる学生に弁護士チームもいじめ予防授業のやりがいを感じました。

今回は、いじめ相談アプリを開発中の青山学院大学法学部2年生の堀江さんも見学に来てくれました。
堀江さんの見学レポートも下記にございます。

今後、豊島岡女子学園中学校では、今回の授業を踏まえ、次回は「同調圧力事例」を基にグループワークを行う予定です。
ストップいじめナビ!弁護士チームは、これからも積極的に授業のほか、学校関係者への講演活動を行っていく予定です。
講演の実施に関しては、下記のアドレスからお問い合わせください。

———————————-
いじめ相談アプリtalkushの開発メンバーの一人の、青山学院大学法学部法学科2年の堀江亮佑と申します。
平成30年9月5日、豊島岡女子学園にて行われたいじめ予防授業の見学をさせていただきました。
私自身、このようないじめ予防授業を受けたことはありましたが、弁護士の皆様が主体の授業というのは初めてでしたので、見学できるのを心待ちにしていました。

今回は中学一年生が対象の授業でした。

私は片山敦朗弁護士の授業を見学させていただきました(なお、書記を任されましたので、黒板に板書するということもしておりました)。
まず、驚いたのは片山弁護士が授業のツカミとして琵琶を演奏された点でした。いじめ予防授業とのギャップが激しく、ツカミという点において、これほど有効なものはないなと感じました(ハンドフルートバージョンのツカミもあるそうで、これまた驚きました)。
授業そのものは、生徒の皆さんが非常に積極的に議論に参加されていました。片山弁護士に近い前方の生徒さんだけではなく、後方の生徒さんも自分の意見をしっかりと話していたというのは、非常に印象的でした。特に、グループの仲間外れに関する部分では、より議論の熱が上がったように見受けられました。これは、女子校という性質もあってか、グループについてより強い認識をもっているからではないかと、私自身は考えております。

さらに、片山弁護士が投げかける質問に対するレスポンスが非常に速いと感じました。それだけ授業に授業に集中し、自分の頭でしっかり考えているというスタンスの表れではないかと、感じました。ともすれば、結論が見えやすいという性質上、表面的な理解のみにとどまりがちになってしまうこの授業で、これだけしっかり考えて授業に取り組むというのは、非常に興味深く思うのと同時に、ある種の感動を覚えました。

全体を通して感じたことは、いじめそのものをしっかりと否定するために、単にケースの分析や法律に関する話だけではなく、随所に具体例や心に響くキーワードなどが散りばめられており、表面上のみの「いじめはよくない」という論に導くだけではなく、理と情の両面をしっかり押さえることによる説得力に満ちた授業だなと、見学を通して思いました。

堀江亮佑


いじめ予防授業報告 富士見中学校

2018-07-30

平成30年6月28日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士 小島、石垣、西野、片山の4名で、富士見中学校にいじめ予防授業を行いました。

今回は、中学一年生が対象の授業でした。
授業は、初回で行わせていただくことの多い「DVDの貸し借り事例」を読み、この事例はいじめと思うか、いじめだと思わなくとも自分がやられたら嫌か、どうすれば良かったのかなど、質問を投げかけやりとりする形ですすめました。

授業の冒頭のアイスブレイクでは各弁護士の自己紹介や日頃行っている弁護士の仕事についての説明も行いました。中学1年生の6月というと、中学生としての生活が始まってからまだ2か月程度しか経っていない時期です。そのため、生徒同士の関係性やクラス内での立ち位置を気にかけて、少し緊張して発言を躊躇する様子も垣間見られましたが、片山弁護士の担当するクラスでは、片山弁護士の特技「ハンドフルート」を演奏する一幕もあり、どのクラスでもほぐれた雰囲気の中で授業が進められました。

各クラスとも子どもたちが活発に忌憚ない意見が出され、質問に対して真摯に答えてくれる学生に弁護士チームもいじめ予防授業のやりがいを感じました。

今後、富士見中学校では、今回の授業を踏まえ、次回は「同調圧力事例」を基にグループワークを行う予定です。
ストップいじめナビ!弁護士チームは、これからも積極的に授業のほか、学校関係者への講演活動を行っていく予定です。

「講演」の実施に関しては、下記のアドレスからお問い合わせください。
http://stopijime.org/?page_id=231

【富士見中学校】
http://www.fujimi.ac.jp/


Copyright(c) 2014-2018 stopijime.navi All Rights Reserved. Design by Cloud template