Posts Tagged ‘日本テレビ’

【報道】夏休み明けやいじめに関する報道

2018-09-02

8月下旬から、「夏休み明け」や「いじめ」に関して、さまざまな形で、報道が続いています。
私たちも、夏休み明けに関する報道に際して、取材依頼を受け、一部コメントや発信などをおこないました。

・NHKEテレ いじめをノックアウト!スペシャル第11弾=荻上チキ生放送出演(8月30日)
http://www.nhk.or.jp/ijimezero/sp11/index.html

・東洋経済オンライン「日本の「いじめ対策」決定的に欠けている視点」=荻上チキ、新刊の内容を一部掲載(8月19日)
https://toyokeizai.net/articles/-/232049

・TBSラジオ「Session-22」=「荻上チキ渾身のいじめ対策講座 ~データと社会理論からみる本当に有効な対策とは?」荻上チキ本人がメインパーソナリティーのラジオで、まとめて報告(8月31日)
内容は、下記、音声配信でご視聴いただけます。
https://www.tbsradio.jp/288706

・J-WAVE  「JAM THE WORLD」UP CLOSEコーナー=荻上チキ生出演(8月22日)
「いじめを生む教室」を執筆した内容の一部を、フォトジャーナリスト安田菜津紀さんのナビゲートで紹介。
内容が、下記記事でご覧になれます。
https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2018/08/822-2.html

・不登校新聞(BLOGOS)=須永祐慈講演抄録掲載(8月31日)
7月にいじめをテーマに行った講演を抄録として不登校新聞の紙面に掲載(9月1日号)
http://blogos.com/article/321821/

・日本テレビ「スッキリ」=須永祐慈コメント出演(8月31日)
いじめ問題に子どもはどう向き合うべきか(などの内容)

・NHK静岡放送局「たっぷり静岡」=須永祐慈電話コメント出演(8月22日)
夏休み明けの自殺に関するニュース

・静岡放送SBSラジオ「IPPO」コーナー=須永祐慈電話コメント生出演(9月4日)
夏休み明けの自殺に関するニュース

 

夏休み明けに関する自殺の防止のための取り組みが広がることに関しては歓迎ですが、なかにはミスリードやまちがった情報の拡散なども散見されます。発せられる報道に関しては、注意を払いつつ、具体的な方策に対する議論が積み重ねられることを期待します。(参照=いじめ報道に関するガイドライン)

今後も引き続き、いじめやそれらに関する課題や問題について、継続した情報発信を行ってまいります。


【夏休み明け報道】一部報道でコメント/情報発信に関して

2017-09-29

9月1日の前後における自殺の増加についてのニュースが、夏休み明けの時期に、続きました。
それに関連し、私たちも複数の子どもNPOと共同して、
「学校に行きたくないあなたへ、見方はここにいます」
というメッセージを配信いたしました。

http://stopijime.org/?p=621

また、副代表須永を中心に、取材を受け、コメントも発信いたしました。
・8月25日(金) TOKYO MX「モーニングCROSS」
・8月25日(金)長崎文化放送「子どもの自殺を防ごう」
・8月27日(金)日本テレビ news every. 「 もうすぐ新学期 子どものSOS見抜くには」(SOSサインのコメント)
・8月30日(水)朝日新聞「 夏休み後の登校、無理しないで 自殺防止へ団体呼びかけ」
・9月1日(月)  NHKニュース「新学期で都内で生徒相次ぎ自殺か」ーーニュース報道(ニュースシブ5時、首都圏ニュース、ニュース7、ニュースチェック11、おはよう日本で、須永のコメント放送)

なお、自殺に関する報道が夏休み明け前後に集中しましたが、それらの報道に関しては、
「自殺のリスクが高まっている子を自殺に誘引しない配慮」
が必要です。

その点からも、苦しみを抱える子どもたちに対して、前向きになれるメッセージとともに、具体的な「つながり先」「つながれる大人はいる」「対処方法がある」ことも、継続的に発信しております。

・「長期休みブルーにご用心 長期休み明けの子どもに注目して」
http://stopijime.jp/message

また、報道関係者に対しても、自殺に関する過剰な報道を避け、子どもたちや関係者などに配慮した報道を訴えています。
・いじめ報道に関するガイドライン
http://stopijime.jp/media

メンバーの一人で、自殺対策に取り組むNPOライフリンクの清水康之さんも、以下の新聞記事等で報道に関する指摘をしています。
・毎日新聞「夏休み明け報道、識者注文 誘引せぬよう、表現や時期配慮を」2017年9月21日 東京朝刊
https://mainichi.jp/articles/20170921/ddm/004/040/013000c

「いじめ」そのものが増加し、またエスカレートするのは、9月から秋にかけてです。
引き続き、いじめから脱出する方法はあるというメッセージ、また情報発信を、ウェブ、取材、講演等で続けてまいります。ぜひとも継続的な関心と情報の拡散、また団体への支援をよろしくお願い申し上げます。

(ストップいじめ!ナビへの支援) http://stopijime.org/?page_id=27


Copyright(c) 2014-2018 stopijime.navi All Rights Reserved. Design by Cloud template