Posts Tagged ‘弁護士チーム’

【教職員限定】イベントのご案内(弁護士チーム

2020-02-14

「弁護士チーム」では、教職員のみなさんに向けて、3月にイベントを開催します。
テーマは「わかる!保護者対応の最先端」。

昨年出版した『スクールロイヤーにできること』の著者が、学校内の教職員が、いじめ事案に対してどのように対応していったらいいのか、法律面から、具体的ノウハウをお伝えするとともに、具体的な質問をいただき、当日はみなさんと一緒に議論していく予定です。

【 概 要 】
日 時:3月15日(日)14:00-17:00
参加費:無料
対 象:教職員
定 員:20名(定員に達した場合にも第2回開催のご案内をいたします)
場 所:早稲田リーガルコモンズ法律事務所
(東京都千代田区九段南1-6-17 千代田会館4階)

主催:NPO法人ストップいじめ!ナビ
講師:ストップいじめ!ナビ弁護士チーム

【当日のスピーカー】

石垣正純
千葉県弁護士会所属弁護士・「教育現場に法の知恵を」をモットーに,千葉県スクールロイヤー,野田市教育委員会アドバイザー,いじめ防止調査委員会委員など歴任。日本スクール・コンプライアンス学会弁護士部会,ストップいじめ!ナビで活動中。元私立中・高等学校
教頭(千葉・埼玉)

岡田常志
元弁護士。子どもに関する事件を積極的に引き受け、各種活動で学校の子どもたちに人権の講演やいじめ予防授業も行う。現在は「茅ヶ崎市のスクールローヤー」として教育委員会で働き、学校で日々起こるトラブル対応についてのアドバイスや、対応困難な保護者等の直接対応を請け負う。

上記メインスピーカーに加え、真下麻里子(理事)、小島秀一(理事)、石田愛、國松里美、足立悠、飯野恵海、西野優花、松坂拓也、など、弁護士チームのメンバーがワークのファシリテーターを務める予定です。

【ストップいじめ!ナビ「弁護士チーム」とは】
いじめ!ナビ内で「弁護士」に絞って活動しているチーム。活動開始から都内学校を中心に「いじめ予防授業」を実施しているほか、法的視点を中心にした独自の調査研究、スクールローヤーに関する情報発信など、活発に活動を行っています。

 

【申し込み・問い合わせ(教職員向け)】

下記のアドレスから「イベントチラシ」をダウンロードしていただき、「申込書」をお送りください。追って、事務局からご連絡いたします。
イベントちらし:2020スクールロイヤーチームイベントチラシ裏表


【ラジオ(ネットで】コミュニティFMにてトーク(真下)

2020-01-31

理事の真下麻里子が、昨年2019年10月2日にラジオに出演した際の様子がYouTubeに公開されました。

レインボータウンFM(88.5MHz)
「PdCのJAZZ the dots」

#14「いじめを問題解決の手段として選ばせないために」
https://youtu.be/34T1UHtZm1M

いじめに対する考え方や、弁護士チームのいじめ予防授業の内容が短い時間でわかりやすくまとめられています。

パーソナリティは、株式会社Public dots & Companyの伊藤大貴さんです。

お手隙の際に是非ご視聴ください。


【活動報告】いじめ予防に関する講演 早稲田大学・教育学部

2020-01-22
 
令和元年1月14日、理事の小島秀一弁護士が、早稲田大学・教育学部にて教職課程の学生を対象に講演を行いました。
 
前半は、児童生徒にいじめをより理解してもらうための考え方について、後半は、教員となった際に知っておくべき「いじめ防止対策推進法」の内容についてお話ししました。
授業では、参加した学生さんにも意見を出してもらいつつ、児童生徒がより腑に落ち易い説明はどのようなものか、様々な材料を提供できるように努めました。
授業後には、十数名の学生さんから素晴らしい感想も頂くことができ、教育者を目指す学生さんたちの真摯な姿勢を感じることができました。
 
「ストップいじめ!ナビ」は、今後、教員を目指す大学生向けの講演活動も積極的に行っていきたいと思います。
講演の実施に関しては、
問い合わせフォーム: https://stopijime.org/?page_id=231
までお問い合わせください

【弁護士チーム】いじめ予防授業報告 文教大付属中学校

2019-10-16

◆◇◇◆

令和元年10月9日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士松坂、西野、松岡、宮下、大田の5名で、いじめ予防授業を行いました。

今回の対象は、文教大付属中学校1年、2年の各5クラスでした。

中学1年生は「同調圧力事例」をもとにいじめの構造について、2年生は「助けた後事例」をもとに具体的な行動と「中立」の概念について考えました。

1年生は、DVD事例に引き続いて、本年度2回目の授業でした。そのため、記憶も新しく、法のいじめの定義についても覚えている生徒も多く、その上で新たにいじめの4層構造について理解を深めてくださったと思います。2年生も、中立の概念について、沢山の意見を出してくださり、見て見ないふりをして我関せずの態度をとることが真の中立ではないことをしっかり理解してくださったと思います。

ストップいじめナビ!弁護士チームは、これからも授業のほか、学校関係者への講演活動を行っていく予定です。

講演の実施に関しては、下記のアドレスからお問い合わせください。

講演などの各種依頼

【文教大付属中学校】
https://www.bunkyo.ac.jp/jsh/


【いじめ予防授業】文教大学付属中学校にて

2019-06-14

◆◇いじめ予防授業報告 文教大学付属中学校◇◆
平成31年4月27日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士小島、足立、松坂の3名で、いじめ予防授業を行いました。

今回の対象は、文教大学附属中学校1年生5クラスでした。

中学校に入学したての1年生が対象だということで、初回の授業で行うことが多い「DVD事例」を基に「いじめ」の定義について解説しました。
事例を読み、これはいじめだと思うか、どうしてそう思うのかをについて生徒に考えてもらいました。
そのうえでいじめの定義を解説し、いじめとは何かを共有することの重要性を説明しました。

授業では生徒から様々な意見が出されましたが、ついこの前まで小学生だったとは思えないほど鋭い視点の発言ばかりで我々も驚きました。
授業後にも積極的に我々弁護士に質問のために話しかけてくれ、予防授業のやりがいを感じました。

 

 

今回の授業を踏まえ、次回は「同調圧力事例」を基にグループワークを行う予定です。 ストップいじめナビ!弁護士チームは、これからも積極的に授業のほか、学校関係者への講演活動を行っていく予定です。

講演の実施に関しては、下記のアドレスからお問い合わせください。

講演などの各種依頼

【文教大学付属中学校】 http://www.bunkyo.ac.jp/jsh/


【授業実施】豊島岡中学校

2019-05-10

◆◇いじめ予防授業報告 豊島岡女子学園中学校◇◆
2019年4月17日,「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士真下,小島,石田,飯野,石垣,宮下の6名でいじめ予防授業を行いました。

今回は,豊島岡女子学園中学校2年生6クラスが対象の授業でした。

豊島岡中学校2年生は,2018年9月のときも第1回いじめ予防授業を行っており,約7か月という比較的短い間隔で2度目の授業となりました。

今回の授業では,「いじめの定義」など,前回の復習を行った上で,合唱コンクールの練習を行うなかでのいじめの事例に基づき,場面ごとに登場人物の心境や,いじめという手段を選択しないためにどうすればよかったかということを,グループワークで考えてもらうなどしました。そのうえで,「いじめの四層構造」などについて解説をしました。

どのクラスでも活発な議論があり,様々な意見がある中で皆さん一人一人が真剣に事例に向き合い,自分なりの考えをまとめてくれました。
ストップいじめナビ!弁護士チームは、これからも積極的に授業のほか、学校関係者への講演活動を行っていく予定です。

講演の実施に関しては、下記のアドレスからお問い合わせください。

講演などの各種依頼

【豊島岡女子学園中学校】

HOME

写真は、左から、宮下、小島、飯野、石垣、石田の各弁護士です。


【授業実施】文教大学付属中学校

2019-05-09

◆◇いじめ予防授業報告 文教大学付属中学校◇◆
平成31年4月27日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士小島、足立、松坂の3名で、いじめ予防授業を行いました。

 

 

 

 

今回の対象は、文教大学附属中学校1年生5クラスでした。

中学校に入学したての1年生が対象だということで、初回の授業で行うことが多い「DVD事例」を基に「いじめ」の定義について解説しました。
事例を読み、これはいじめだと思うか、どうしてそう思うのかをについて生徒に考えてもらいました。
そのうえでいじめの定義を解説し、いじめとは何かを共有することの重要性を説明しました。

授業では生徒から様々な意見が出されましたが、ついこの前まで小学生だったとは思えないほど鋭い視点の発言ばかりで我々も驚きました。
授業後にも積極的に我々弁護士に質問のために話しかけてくれ、予防授業のやりがいを感じました。

今回の授業を踏まえ、次回は「同調圧力事例」を基にグループワークを行う予定です。

ストップいじめナビ!弁護士チームは、これからも積極的に授業のほか、学校関係者への講演活動を行っていく予定です。
講演の実施に関しては、下記のアドレスからお問い合わせください。
http://stopijime.org/?page_id=231
【文教大学付属中学校】
http://www.bunkyo.ac.jp/jsh/

写真は、小島秀一弁護士と、足立悠弁護士。


【新刊その2】弁護士秘伝! 教師にもできるいじめ予防授業 発売!

2019-03-29

【この春の新刊!第2弾 新学期から「いじめ授業」をどうするか考えている先生方に】

弁護士秘伝!
教師もできるいじめ予防授業

著者:真下麻里子(ストップいじめ!ナビ理事・弁護士)
版元:教育開発研究所
定価:2,000円+税

 

◆「いじめ予防授業」どうしたらいいの? という教職員に 「弁護士秘伝!」です◆

理事の真下麻里子の初の単著が出版!!
「いじめ予防授業」を展開している、弁護士チームで当団体理事の真下麻里子が「いじめ予防授業」のノウハウを詰め込んだ本を出版しました。

これまで、弁護士チームでは「いじめ予防授業」を都内を中心に実施しており、その実績も5年ほどたちます。
いじめ予防授業の中身は、「いじめはダメ!」「こんなにやばいぞ!」と上から脅したり押し付けるのではなく、「いじめってそもそも何?」「なぜいじめはいけない、といわれているの?」「法律で考えると?」「あなたはどう思う?」といった、子ども・生徒たちに「考える」ことや「より具体的に動く方法」を促進するためのヒントを投げかけいく授業になっています。

これらの授業内容は、実は「完全オリジナル」。授業の構成案は、真下麻里子が中心になって作り上げてきました。
しかも、第1回のいじめとはなにかを考える「入口」から、第4回の具体的に「いじめを止める方法」を考えるまで、4つのパートを、具体的に本書で披露しています。

さらに、「いじめ防止対策推進法」に縛られるのではなく「先生自らが活用」したり、日常で法律をうまく使うことで、課題や問題を解決するヒントを収めた「活用例」も紹介しています。

本書も、「スクールロイヤーにできること」と同様、具体的にかつ読みやすい文章にしました。

日々、いじめや日常の人間関係のトラブルを解決したい、学校や教室の空気を変えていきたい! と思っている先生方に応援のメッセージを込めて。本書を学校現場などで「使いこなして」いただければと思います。

そして……本書の「付録」として、本を手に取っていただいた方へ、授業で配布していただける資料が「ダウンロード」していただけます。ぜひ、いじめ予防授業の資料もご活用ください!

 

★荻上チキ推薦!★

「授業づくりのプロ」の皆様へ。
「法律のプロ」とコラボしませんか?
ストップいじめ。そのためにできることが、ここにあります。

 

【書籍販売サイト】

 

【もくじ】

第1章 いじめ予防授業
◆いじめ予防授業とは
1 いじめ予防授業ができるまで
(1) はじめに/(2) 私が「いじめ予防授業」を作ったきっかけ/(3) 教育学部で学んだこと/(4) 「弁護士らしい授業」とは?/(5) いじめをやってはいけない理由/(6) 「ダメ」ばかりではダメ

2 いじめ予防授業の目的や使い方
(1) 授業の目的/(2) 「いじめ予防授業」の使い方の例

◆いじめ予防授業【実践編】
※下記の各授業実践について、授業の目標・進め方・実際の子どもたちの反応・解説のポイント・法律用語を使わない説明の仕方等を解説!
1 「いじめの定義」を学ぼう─「DVD事例」
2 「いじめの構造」を学ぼう─「合唱コンクール事例」
3 「中立」を考えてみよう─「助けた後事例」
4 模擬調停をやってみよう

第2章 「法」の積極的な活用例
1 はじめに
2 いじめ防止法の見方を変えてみる
3 「護身術」は専門職の基本
4 トラブルから身を守るための「習慣」
(1) 弁護士が教わる護身術
(2) 教員の場合
5 いじめ防止法を活用してみる
(1) いじめ防止法制定経緯から見る重要条文
(2) 定義と報告義務
(3) 22条組織と情報共有体制
(4) 基本方針は“みんな”を守る
(5) 重大事態

【資料編】
・いじめ予防授業配布資料
・いじめ防止対策推進法 全文

 

【はじめにより(抜粋)】

私はこれまで、NPO法人ストップいじめ!ナビの弁護士として、さまざまな学校でいじめに関する授業や講演などを行ってきました。

その活動を通して思うのは、一見複雑に見えるような学校内の問題も、法的視点を入れることですっきりと整理されるということです。法的視点を用いた交通整理により、教員の方々をはじめとする関係者の心理的・時間的負担を減らし、学校をより風通しのよいものにできると感じています。

一般に、法は「誰かを規制するもの、縛るもの」というイメージがありますが、それは法を一面的に捉えているにすぎません。本来法は、個人の尊厳を守るため、私たち一人ひとりが幸せに生きるために存在します。このことは、私たち法律家が最初に学ぶとても大切な視点です。ですから、そうした目的をもって作られた方を活用しない手はないのです。

~略~

特に日本のいじめは、仲間外れや無視・悪口などのコミュニケーション操作系のものが多いため、「どちらも悪い」とか「喧嘩両成敗」といったあいまいな結論にされがちです。道徳教育の学習指導要領では、「多面的・多角的な見方」をその評価の視点の一つとしていますが、こういった“結論をあいまいにすること”が多面的・多角的な見方ではけっしてないということにも注意が必要です。大人がしっかりとした軸をもってこの問題に向き合うことが、子どもたちから多面的・多角的な見方を引き出す環境を作るのです。

本書だけでいじめ問題の全てを網羅できるものでは決してありませんが、少しでも現場の教員の方々の“視点”を増やすことに貢献できれば、これほど嬉しいことはありません。

――真下麻里子


【新刊その1】スクールロイヤーにできること 発売!

2019-03-29

【この春の新刊!第1弾 ぜひ「春休みの一冊」に!!】

スクールロイヤーにできること
学校現場の悩みを法でサポート

編者:ストップいじめ!ナビ弁護士チーム
版元:日本評論社
定価:1,900円+税

 

◆学校関係者必見! スクールロイヤー活用ガイド◆

「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」初の書籍を出版!
最近、徐々に話題になっている「スクールロイヤー」制度。2018年度から文部科学省の事業としても配置され、これから学校現場に拡大されつつあります。
とはいっても、今までのイメージであった「教育委員会」や「学校」の単なる《顧問弁護士》とは違うのがこの制度。
学校で起こっているさまざまな問題・課題を、もっと日常に即した形で具体的に、解決するためのヒントがいっぱい詰まっています。
「法律に関する本」はやや難しいんじゃない? と思っておられるあなた! 本書の前半は特に「物語風」にわかりやすく解説しています。日常の、具体的なトラブルに少しでもお役に立てれば幸いです。

ぜひ、本書を学校現場などで「使いこなし」ていただき、よりよい学校空間になっていきますように……!!

★代表荻上チキ推薦!★

「学校には、校則という名の「オキテ」はあっても、法律という名の「ルール」がない!?
法律家から見た学校、弁護士が果たせる役割とは。
「スクールロイヤー」入門の決定版だ。

【書籍販売サイト】

【著者】弁護士チーム

真下麻里子、井桁大介、石田愛、小島秀一、足立悠、清水秀俊、西野優花、石垣正純、櫻井光政、飯野恵海、泉智之、片山敦朗、岡田常志、金子春菜、國松里美、松坂拓也

【もくじ】

第1章 スクールロイヤーがやってくる!

第2章 スクールロイヤーと学校法務
SL導入の段取り/学校の法的責任とは/学校経営に必要な個人情報保護/労務管理/外部者との契約交渉/保護者対応/ブラック部活・体罰/セクシャルハラスメント/ブラック校則・指導死/学校事故/少年事件/SNSトラブル/懲戒処分/不登校

第3章 スクールロイヤーといじめ対策
いじめ防止法とは/いじめ予防/いじめの初期対応/重大事態/SLと教育委員会

第4章 スクールロイヤーとこれから
――ナビの活動紹介

参考文献/執筆者一覧

 

【はじめにより(抜粋)】

本書は、日本初の教職員向けスクールロイヤーの取扱説明書です。
2018年4月、文科省がスクールロイヤーの試行を始めることを発表しました。8月には仙台市がスクールロイヤーを募集するとして話題になりました。実は大阪市では、大阪弁護士会と連携した独自のスクールロイヤー制度が2011年頃から始まり、試行錯誤を重ねて少しずつ実務に定着しつつあります。
~略~
もしかすると、本書をお読みになる方の中には「スクールロイヤーを導入すると、こんなに『ああしろ、こうしろ』と言われるのか」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、それは大きな誤解です。「ああしろ、こうしろ」という不寛容な姿勢が現場をよくすることなどありません。少なくとも私たちの考えるスクールロイヤーはそうした存在ではありません。また、スクールロイヤーの存在によって現場の負担がかえって重くなるようなこともあってはなりません。そのしわ寄せが必ず子どもに行ってしまうからです。
私たちは、法を振りかざして義務ばかりを強調したいのでは決してありません。多くの現場の方々と共に「少ない負担で教育現場に法的な視点を導入する方法」を検討していきたいのです。そうした議論がスクールロイヤーを真に現場に役立つ存在にしていくのだと信じています。本書がそのきっかけになれば望外の喜びです。
本書を手に取る皆様に、スクールロイヤーの魅力が伝わることを願います。
――執筆者一同


【いじめ予防授業】富士見中学校2年生

2018-10-22

◆◇いじめ予防授業報告 富士見中学校◇◆

平成30年10月15日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士真下、岡田、足立の3名で富士見中学校にて、いじめ予防授業を行いました。

今回は、中学校2年生6クラスが対象の授業で、生徒たちにとっては1年生の時以来2回目の授業でした。1年生の時は、講堂での授業だったので、実際に教室で聞くのは彼女たちに取っては初めてです。授業は、去年の復習、「いじめの定義」等から入りました。

富士見中学校では11月に合唱コンクールも迫っており、この時期にぴったりの合唱コンクールの練習を行う際のいじめの事例について扱いました。
各場面で登場人物それぞれがどのように感じていたか考えてもらったり、いじめという手段を選択しないためには、誰がどの場面でどうしたらよかったかをグループワークで考えてもらったりしました。そのうえで、いじめの「四層構造」についての解説をし、誰がどの立ち位置で、自分たちの考えたことがどう作用するのかを知ってもらいました。

どのクラスでも、最初はなかなか考えがまとまらず、苦心していたのですが、実際に、発言をしてもらうと、きちんと具体的な気持ちや方法を発表してくれました。

身近な話題を題材に、今回考えてもらったように、どうやったらいじめのない教室を作れるか、どの範囲なら自分ができるのかを、いつも気にかけてもらえたら、良いクラスになると思います。

今後、富士見中学校では、少人数グループで被害者の助けに入って、今度は自分が標的にされてしまった事例をもとにグループワークを行う予定です。

ストップいじめナビ!弁護士チームは、これからも積極的に授業のほか、学校関係者への講演活動を行っていく予定です。
講演の実施に関しては、下記のアドレスからお問い合わせください。
http://stopijime.org/?page_id=231

【富士見中学校】
http://www.fujimi.ac.jp/


« Older Entries
Copyright(c) 2014-2018 stopijime.navi All Rights Reserved. Design by Cloud template