Posts Tagged ‘弁護士チーム’

【TEDx】真下麻里子、TEDxでプレゼン。YouTubeで公開中

2017-10-20

◇◆「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の真下麻里子弁護士のTEDxでの講演が,YouTubeにアップロードされました◆◇

今年1月、「ストップいじめ!ナビ 弁護士チーム」の真下麻里子弁護士が、TEDxに登壇し、「いじめを語る上で大人が向き合うべき大切なこと」と題して公演しました。先日,その動画がYoutubeにアップロードされました。ぜひご覧になってください。また、シェアなども歓迎

「いじめを語る上で大人が向き合うべき大切なこと」
https://www.youtube.com/watch?v=3C8F-Z1gkeE

 

TEDとは(ウィキペディアへのリンク)

■TEDxとは(上記ウィキペディアより)
TEDの精神である「ideas worth spreading」 のもとに、TEDからライセンスを受け、世界各地で発足しているコミュニティー。TEDの名称は使用しているが、運営や人選、設営などにTED本体は関与していない。


【報道関係】取材に関する情報

2017-10-20

報道関係のみなさま

日頃は、私たちの活動にご関心をおよせいただき、ありがとうございます。

この秋は、文科省のいじめや不登校の統計発表や、いじめが増加する時期などもあり、取材のご依頼もいただいております。

NPO法人ストップいじめ!ナビ、またはメンバーへのご依頼は、
info@stopijime.org
までお願いします。

また、ウェブページのフォームでお送りいただいてもスムーズです。
こちらからどうぞ→

私たちの活動や、それに関連する資料や情報は以下からどうぞ。
・ストップいじめ!ナビ 子ども向け http://stopijime.jp
・ストップいじめ!ナビ 大人向け http://stopijime.jp/adult

(情報関係)
・2013年時点でのいじめに関する統計や研究データ http://stopijime.jp/data
・いじめに関する用語集 http://stopijime.jp/term
・いじめに関する裁判例紹介 http://stopijime.jp/precedent
・いじめ報道に関する独自報道ガイドライン http://stopijime.jp/media
・いのちの生徒手帳プロジェクト http://stopijime.jp/school

(発信しているもの)
・各自治体の「いじめ防止基本方針」での姿勢を独自調査し公表(2015年) http://stopijime.jp/check2015
・夏休み明けなどの「連休明け」に関しての呼びかけ http://stopijime.jp/message

(取り組み・連携協力・委員参加等)
・弁護士チームの動き(活動報告一覧) http://stopijime.org/?cat=17
・facebook いじめ防止ホームページ(連携) https://www.facebook.com/safety/bullying
・大津市いじめ対策「いじめの防止に関する行動計画の策定等に係る懇談会」(代表荻上と須永が懇談会委員等に関わる) http://www.city.otsu.lg.jp/kosodate/kenzen/taisaku/iinkai/1437447431302.html

(メンバーの取組・活動ブログから)名前に直リンク
代表 荻上チキ
副代表 須永祐慈
理事 真下麻里子
理事 小島秀一


【講演】私立星美学園中学校にて

2017-07-19

平成29年7月1日(土)、弁護士チームの小島秀一と飯野恵海が、中学1年生を対象に講演を行いました。

講演では、日常的によくある事例を題材に、「『いじめ』とは何か」、「『いじめられる方にも原因がある論』は何故間違いといえるのか」、「『いじめの芽』が生じた時、周囲はどのように対応すればよいか」、などについてお話しをしました。

今回は、合計120分という長時間の講演でしたが、終了間際の時間においても、多くの生徒さんが積極的に発言をしてくださったことが、とても印象的でした。 集中力を切らさず、熱心に聴いてくださった生徒さんたちに、改めて感謝します。

「いじめ」とは何か、一見単純そうに見えて、とても難しいこの命題について、少しでも認識を深めて頂けていれば、とても嬉しいです。

19642619_666314876912041_8723391117867492057_n


【いじめ予防授業】豊島岡女子中学3年生

2017-07-12

平成29年5月31日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士足立悠、石垣正純、飯野恵海、馬場大祐、石田愛、金子春菜、真下麻里子と、当NPO副代表理事須永祐慈の8名が、私立豊島岡女子学園中学校にて、中学3年生を対象にいじめ予防授業を行いました。

メインテーマとして取り上げたのは、5月24日に同校で行った授業と同様、「中立」の概念についてです。

そして、昨日、いじめ予防授業の後に、授業に参加した学生の皆さんに書いていただいたアンケートへの回答を学校に返送しました。

アンケートには、授業の感想とともに、ご質問がある場合にはご質問を書いていただいています。そして、ご質問をいただいた場合には、それに対する担当弁護士なりの回答をお返ししています。 鋭い質問をいただいて、弁護士としてもどう答えるのが良いのか悩みながら回答を作成することも多々あります。

お返しした回答が少しでも皆さんのお役に立てば、大変嬉しく思います。

 

ストップいじめナビ!弁護士チームとしましては、これからも積極的に授業・講演活動を行っていく予定です。


【いじめ予防授業】大妻中野中学校1年生

2017-07-03

 

平成29年6月28日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士真下麻里子、小島秀一、飯野恵海、卯木叙子、金子春菜、西野優花の6名が、私立大妻中野中学校にて中学1年生を対象にいじめ予防授業を行いました。

今回の授業では、グループの中に居場所がなくなっていくという具体的な事例を用い「いじめ」とは何かということを学んでいただきました。 また、いじめ防止対策推進法で「いじめ」がどのように定義されているのかを説明しました。

近年問題となることが多いSNS利用に関する注意点も弁護士の視点からお伝えしました。 生徒さんからは、「こういう場合だったらどうか。」「これはいじめにあたるのか。」といった質問を多数いただきました。 事例を通して、積極的にいじめに対する理解を深めていただけたようで嬉しく思います。

ストップいじめナビ!弁護士チームは、これからも積極的に講演・授業活動を行っていきます。

 

(写真:上・金子春菜、下・飯野恵海の授業風景)

19620869_665265983683597_5189784457811256517_o

19693795_665265987016930_2569815687577355516_o

 


【いじめ防止講演】富士見中学校で実施

2017-06-26
私立富士見中学校で講演しました。
平成29年6月22日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士真下麻里子と金子春菜が私立富士見中学校にて、中学1年生を対象に講演を行いました。
今回の講演では、物の貸し借りからトラブルに発展するという学校生活の中で起こりうる事例を用い、「いじめ」とは何かということを学んでいただきました。
講演では、いじめ防止対策推進法で「いじめ」がどのように定義されているのかを説明しました。
「いじめ」とは何かが人によって異なるままでは、いくら「いじめ」はダメといっても伝わりません。まずは「いじめ」とは何かを共通認識にしていただけたら大変嬉しく思います。
50分間の講演でしたが、みなさん熱心に耳を傾け、真剣に考え、発言してくださいました。
ストップいじめナビ!弁護士チームは、これからも積極的に講演・授業活動を行っていきます。
IMG_6382 IMG_6384 IMG_6386

【新聞掲載】小島秀一、朝日新聞にコメント(23日)

2017-04-25

◆朝日新聞・朝刊にストップいじめ!ナビ弁護士チームの小島秀一弁護士のコメントが掲載されました◆

4月21日から26日まで、朝日新聞・社会欄において「小さないのち」という、「子どもの自殺予防」に関する特集が連載されています。
その中で、4月23日(日)の朝刊に、小島秀一弁護士のコメントが掲載され、早期発見と早期対応の体制づくりの重要性を訴えました。
ご興味をもってくださった方は、ぜひ、以下の記事をご覧頂ければと思います。

「学校に言わないでって言ったでしょ」 命絶った息子
http://www.asahi.com/articles/ASK4N4T86K4NUUPI00D.html
小島のコメント部分をご覧になるには、会員登録が必要です)
子どもたちが健やかに成長していけるよう、ストップいじめ!ナビは、これからも積極的に活動をしていきます。


【授業実施】私立豊島岡女子学園中学校にて 4/19

2017-04-23

◆◇私立豊島岡女子学園中学校 いじめ予防授業実施◇◆

平成29年4月19日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士真下麻里子、小島秀一、足立悠、飯野恵海、卯木叙子、石田愛の6名が、私立豊島岡女子学園中学校にて、中学2年生を対象にいじめ予防授業を行いました。

中学2年生は、昨年に続き、2回目のいじめ予防授業です。

本年度は、「いじめの構造」を理解するため、合唱コンクールの練習における生徒同士のすれ違いを題材にした事例を用いて、様々な立場からの問題解決方法を検討しました。

自分の考えと必ずしも同じではない人の立場に立って解決方法を検討するのは、生徒さんたちにとっても大変であったと思いますが、みなさん一生懸命検討してくださいました。
中には、とても画期的な解決方法を提案してくださった生徒さんたちもいました。

この授業を通して、「いじめ」という手段を用いなくても問題は解決できる、ということを学んでいただけたら大変嬉しく思います。

ストップいじめナビ!弁護士チームとしましては、これからも積極的に授業・講演活動を行っていく予定です。

豊島岡授業

写真に映っている講師は、弁護士チーム、卯木

 


【高校講演】都立大崎高校で講演しました(真下麻里子)

2017-03-31

平成29年(2017年)3月21日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士真下麻里子が都立大崎高校のいじめ防止・マナー向上フォーラムにて、同校の高校二年生の生徒さん達に対し、講演しました。

日常の些細なすれ違いを題材にした事例をもとに、いじめ防止対策推進法で定められたいじめの定義やいじめの構造などについてお話ししました。
生徒さん達は、いじめを目の当たりにしたときの具体的な行動内容について質問するなど、積極的に講演に参加してくださいました。

この度の講演が、いじめに対する理解を深める一助になればと思います。
ストップいじめナビ!弁護士チームとしましては、これからも積極的に授業・講演活動を行っていく予定です。

当日の様子は、都立大崎高校のホームページにも掲載されています。
都立大崎高校の報告ページ

「平成29年3月21日 いじめ防止フォーラムを実施しました」
http://www.osaki-h.metro.tokyo.jp/site/zen/page_0000000_00102.html


【パブリシティ】岩手日報(3月29日)に真下麻里子コメント掲載

2017-03-29

平成27年7月に発生した岩手県矢巾町いじめ事件について、関係した教職員に懲戒処分が出たことを受け、3月29日の岩手日報に弁護士真下麻里子のコメントが掲載されました。

事件当時、同校は、新法制定からおよそ2年も経過していたにもかかわらず、制定前後で体制が殆ど変わっていませんでした。
それは即ち、これまで起きてきた痛ましい事件の教訓を全く生かせていなかった、生かそうとすらしていなかったことを意味します。

これを鑑み、中学二年生で亡くなった当該生徒の一年時の校長に戒告処分、二年時の校長にはさらに重い減給処分が下されました。
また、副校長と二年時の担任には、戒告処分が下されました。
さらに、これらの処分は、岩手県で初のいじめによる懲戒処分でした。

かかる事実を受け、真下は、

① 初の懲戒処分は、いじめに対する問題意識の高まりの表れといえること

② 担任よりも校長の処分を重くしたのは、組織的な対応を求める法の趣旨に合致すること

③ 当該生徒が一年時からいじめを受けていたことに鑑みれば、二人の校長の処分に差をつけたことは、未然防止を前提とした法の趣旨に反すること

の三点を同紙にて指摘しました。

こういった問題点を一つずつ検証・是正していくためにも、ストップいじめナビ!弁護士チームとしましては、これからも積極的に活動を行っていく予定です。

【該当のニュースリンク】(コメント自体は掲載されていません)
いじめ対応めぐり中学校長ら懲戒 県教委、矢巾事件で
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170329_2

 


« Older Entries
Copyright(c) 2014 stopijime.navi All Rights Reserved. Design by Cloud template