1月, 2020年

【ラジオ(ネットで】コミュニティFMにてトーク(真下)

2020-01-31

理事の真下麻里子が、昨年2019年10月2日にラジオに出演した際の様子がYouTubeに公開されました。

レインボータウンFM(88.5MHz)
「PdCのJAZZ the dots」

#14「いじめを問題解決の手段として選ばせないために」
https://youtu.be/34T1UHtZm1M

いじめに対する考え方や、弁護士チームのいじめ予防授業の内容が短い時間でわかりやすくまとめられています。

パーソナリティは、株式会社Public dots & Companyの伊藤大貴さんです。

お手隙の際に是非ご視聴ください。


【書評掲載】東京子ども図書館機関誌に(真下麻里子)

2020-01-23
こどもとしょかん2020冬 164号表紙

「こどもとしょかん」表紙164号東京こども図書館発行)

理事の真下麻里子の書評が、東京子ども図書館機関誌「こどもとしょかん」164秋号に掲載されました。この本は50万部となるまで話題となっている「こども六法」(山崎聡一郎著 弘文堂)。

話題となっている本だけど、でも、ちょっと気を付けてほしいポイントを押さえて「この本の読み方」について解説。弁護士の視点から「子どものために、大人は法とどう向き合えばよいのか」を示唆しています。

下記から掲載された記事PDFをダウンロードいただけます。是非ご参照ください。

 
【真下の書評の一部から……】
 本書を読みながら、各法律の役割や各条文が何を守ろうとしているのかを子どもと一緒に考えてみて欲しい。法があらゆる場面を想定し、あらゆる角度から私たち一人一人の生命や尊厳を守ろうとしていることにきっと気付く。それこそが、私たちが子どもたちに伝えたい本当の価値だ。
直接ご覧いただける画像も下記に掲載中です。
 
 
【引用・ご紹介】
・「東京こども図書館」機関紙「こどもとしょかん」164秋号に掲載されたものです。
・東京こども図書館をお知りになりたい方はウェブサイトから http://www.tcl.or.jp
・「東京こども図書館」代表の張替さん、スタッフの護得久さん、吉田さんは、ストップいじめ!ナビのメンバーとして一緒に活動を行っています

【活動報告】いじめ予防に関する講演 早稲田大学・教育学部

2020-01-22
 
令和元年1月14日、理事の小島秀一弁護士が、早稲田大学・教育学部にて教職課程の学生を対象に講演を行いました。
 
前半は、児童生徒にいじめをより理解してもらうための考え方について、後半は、教員となった際に知っておくべき「いじめ防止対策推進法」の内容についてお話ししました。
授業では、参加した学生さんにも意見を出してもらいつつ、児童生徒がより腑に落ち易い説明はどのようなものか、様々な材料を提供できるように努めました。
授業後には、十数名の学生さんから素晴らしい感想も頂くことができ、教育者を目指す学生さんたちの真摯な姿勢を感じることができました。
 
「ストップいじめ!ナビ」は、今後、教員を目指す大学生向けの講演活動も積極的に行っていきたいと思います。
講演の実施に関しては、
問い合わせフォーム: https://stopijime.org/?page_id=231
までお問い合わせください

Copyright(c) 2014-2018 stopijime.navi All Rights Reserved. Design by Cloud template