7月, 2018年

いじめ予防授業報告 富士見中学校

2018-07-30

平成30年6月28日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士 小島、石垣、西野、片山の4名で、富士見中学校にいじめ予防授業を行いました。

今回は、中学一年生が対象の授業でした。
授業は、初回で行わせていただくことの多い「DVDの貸し借り事例」を読み、この事例はいじめと思うか、いじめだと思わなくとも自分がやられたら嫌か、どうすれば良かったのかなど、質問を投げかけやりとりする形ですすめました。

授業の冒頭のアイスブレイクでは各弁護士の自己紹介や日頃行っている弁護士の仕事についての説明も行いました。中学1年生の6月というと、中学生としての生活が始まってからまだ2か月程度しか経っていない時期です。そのため、生徒同士の関係性やクラス内での立ち位置を気にかけて、少し緊張して発言を躊躇する様子も垣間見られましたが、片山弁護士の担当するクラスでは、片山弁護士の特技「ハンドフルート」を演奏する一幕もあり、どのクラスでもほぐれた雰囲気の中で授業が進められました。

各クラスとも子どもたちが活発に忌憚ない意見が出され、質問に対して真摯に答えてくれる学生に弁護士チームもいじめ予防授業のやりがいを感じました。

今後、富士見中学校では、今回の授業を踏まえ、次回は「同調圧力事例」を基にグループワークを行う予定です。
ストップいじめナビ!弁護士チームは、これからも積極的に授業のほか、学校関係者への講演活動を行っていく予定です。

「講演」の実施に関しては、下記のアドレスからお問い合わせください。
http://stopijime.org/?page_id=231

【富士見中学校】
http://www.fujimi.ac.jp/


【書籍】「いじめを生む教室」代表荻上チキの新刊発売!(PHP新書)

2018-07-10

ストップいじめ!ナビの活動をもとにした
代表・荻上チキが執筆した書籍が発売されました!
ぜひ多くの方にご紹介ください!


「いじめを生む教室 子どもを守るために知っておきたいデータと知識」

2018年7月13日発売 定価:本体920円(税別)
ISBN:978-4-569-84077-2

ご注文はamazonほか、全国の書店で販売しています(15日ごろから)。
(上記書影のamazonリンクからご購入いただけると、一部手数料が私たちの活動の一部になります。ご協力ください)

著者:荻上チキ(ストップいじめ!ナビ代表理事・評論家)
1981年生まれ。評論家。ラジオ番組「荻上チキSession-22」(TBSラジオ)パーソナリティ。同番組にて、2015年度2016年度とギャラクシー賞を受賞。

【内容紹介】
いじめ議論を一歩先に進めるために、必読の一冊!
いじめに関する悲惨なニュースが連日のように報じられ、そのたびに多くの議論が交わされるが、その中には具体的な根拠に欠ける当てずっぽうな「俗流いじめ論」も少なくないと著者はいう。

一方で、メディアには取り上げられずとも、いじめが社会問題化して以来30年以上にわたり、日本でも世界でも数々の研究が行われ、多くの社会理論が磨かれてきた。

そうした数多くの研究データを一挙に紹介しつつ、本当に有効ないじめ対策とは何かを議論する。

【目次】
第1章 これでいいのか、日本のいじめ議論
第2章 データで読み解くいじめの傾向
第3章 大津市の大規模調査からわかったこと
第4章 「不機嫌な教室」と「ご機嫌な教室」
第5章 理論で読み解くいじめの構造
第6章 「ブラック校則」調査から見えたこと
第7章 ハイリスク層へのサポート
第8章 メディアが飛びつくネットいじめ
第9章 教員の課題と「いじめ防止法」
第10章 大人に求められること

NPOの活動が始まってから6年、私たちが行ってきた調査や発信の活動の積み上げが、この一冊にしっかりと収まっています。
データやいじめの最新議論が知れるばかりではなく、私たちが大切にしてきた議論や視点、行ってきた活動なども知っていただく一冊となりました。
みなさま、ぜひ多くの方にご紹介いただき、共通した情報のもとで「いじめをなくす」ための活動の輪を広げていきませんか。

NPO法人ストップいじめ!ナビでは、上記の本を、私たちが伺う講演会でも販売する予定です。詳しくはお問い合わせください。


【講演】明智カイト 茨城県立高校で

2018-07-09

【7/4(水)に茨城県立下妻第二高等学校で講演!】

NPO法人ストップいじめ!ナビメンバーの明智カイトが、2年生(約280人)の授業で「性の多様性の授業」をテーマに講演しました。

LGBTの子どもたちが安心できる学校つくりや、周囲の人たちはLGBTの子どもたちに対してどのような配慮をすれば良いか、などについてお話しました。

生徒たちは今までの自分の行動を振り返ったり、改めて自分のことを見つめ直す良い機会となったようです。これからも子どもたちが命や尊厳を大切にできる授業を続けてまいります。


Copyright(c) 2014-2018 stopijime.navi All Rights Reserved. Design by Cloud template