Archive for the ‘メディア出演’ Category

【報道】夏休み明けやいじめに関する報道

2018-09-02

8月下旬から、「夏休み明け」や「いじめ」に関して、さまざまな形で、報道が続いています。
私たちも、夏休み明けに関する報道に際して、取材依頼を受け、一部コメントや発信などをおこないました。

・NHKEテレ いじめをノックアウト!スペシャル第11弾=荻上チキ生放送出演(8月30日)
http://www.nhk.or.jp/ijimezero/sp11/index.html

・東洋経済オンライン「日本の「いじめ対策」決定的に欠けている視点」=荻上チキ、新刊の内容を一部掲載(8月19日)
https://toyokeizai.net/articles/-/232049

・TBSラジオ「Session-22」=「荻上チキ渾身のいじめ対策講座 ~データと社会理論からみる本当に有効な対策とは?」荻上チキ本人がメインパーソナリティーのラジオで、まとめて報告(8月31日)
内容は、下記、音声配信でご視聴いただけます。
https://www.tbsradio.jp/288706

・J-WAVE  「JAM THE WORLD」UP CLOSEコーナー=荻上チキ生出演(8月22日)
「いじめを生む教室」を執筆した内容の一部を、フォトジャーナリスト安田菜津紀さんのナビゲートで紹介。
内容が、下記記事でご覧になれます。
https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2018/08/822-2.html

・不登校新聞(BLOGOS)=須永祐慈講演抄録掲載(8月31日)
7月にいじめをテーマに行った講演を抄録として不登校新聞の紙面に掲載(9月1日号)
http://blogos.com/article/321821/

・日本テレビ「スッキリ」=須永祐慈コメント出演(8月31日)
いじめ問題に子どもはどう向き合うべきか(などの内容)

・NHK静岡放送局「たっぷり静岡」=須永祐慈電話コメント出演(8月22日)
夏休み明けの自殺に関するニュース

・静岡放送SBSラジオ「IPPO」コーナー=須永祐慈電話コメント生出演(9月4日)
夏休み明けの自殺に関するニュース

 

夏休み明けに関する自殺の防止のための取り組みが広がることに関しては歓迎ですが、なかにはミスリードやまちがった情報の拡散なども散見されます。発せられる報道に関しては、注意を払いつつ、具体的な方策に対する議論が積み重ねられることを期待します。(参照=いじめ報道に関するガイドライン)

今後も引き続き、いじめやそれらに関する課題や問題について、継続した情報発信を行ってまいります。


【新刊】「ブラック校則」出版販売開始! 「いじめを生む教室」とご一緒に、ぜひ書店で!

2018-08-10

この夏「いじめ」と「ブラック校則」の2冊の新刊が発売!
これからの学校、教育を考える上での、重要で必読で、話題の2冊。
ぜひ「夏の読書ラインナップ」に加えてみませんか?

①「ブラック校則 理不尽な苦しみの現実」(荻上チキ・内田良)
amazon:https://amzn.to/2MsTWNt

②「いじめを生む教室 子どもを守るために知っておきたいデータと知識」(荻上チキ)
amazon:https://amzn.to/2vsySjA

(2018年8月上旬、2冊の本とも「amazonランキング」各部門で「第1位!」獲得しました!)

*************************************************************

【その1】「ブラック校則 理不尽な苦しみの現実」
「ブラック校則をなくそう!プロジェクト」の活動から生まれた本が、早々と書籍として出版!

荻上チキ(評論家)・内田良(名古屋大学准教授) 編著
2018年8月3日発売 定価:本体1620円(税別)
ISBN:978-4-491-03557-4 東洋館出版社

amazon:https://amzn.to/2MsTWNt
「ブラック校則」特設サイト:https://t.co/dV8XvoK3xV

●内容紹介
2017年、生まれつき髪が茶色の高校生が学校から髪を黒く染めるよう強要され、精神的苦痛を受けて不登校になったことから裁判を起こしました。
​この報道をきっかけに行われた、全国的な調査から見えてきたのは、生まれつき茶・金髪の高校生の2割が黒く染めさせられている、女子生徒の下着の色を検査され、没収さえされるといった「ブラック校則」の現状です。

この本では、「ブラック校則をなくそう! プロジェクト」による詳細な統計データや、苦しむ子ども・保護者の声のほか、司法・貧困・トランスジェンダーなどの多様な論点、そして保護者・教師自身からみた校則の問題など、多様な論点からブラック校則の現状と、その解決策を探ります。

●編著:荻上 チキ
評論家。「ブラック校則をなくそう! プロジェクト」スーパーバイザー。TBSラジオ「荻上チキ Session-22」メインパーソナリティ。

●編著:内田良
名古屋大学大学院教育発達科学研究科准教授。専門は教育社会学。スポーツ事故、組み体操事故、「体罰」、教員の部活動負担や長時間労働などの「学校リスク」について広く情報発信している。

●目次
はじめに
第1部 調査から見えるブラック校則の現在
第1章 データで見るブラック校則 荻上チキ・岡田有真
第2章 ブラック校則の具体事例 荻上チキ

第2部 子どもたちの理不尽な苦しみ
第3章 子どもの安全と健康が脅かされる 内田 良
第4章 司法から見る校則 真下麻里子
第5章 校則が及ぼす経済的な負担 渡辺由美子
第6章 当事者研究からみた学校の生きづらさ 綾屋紗月
第7章 校則に内在する性規範 増原裕子

第3部 ブラック校則をなくすには
第8章 制服の「あたりまえ」を問いなおす 内田康弘
第9章 命を追いつめる校則 大貫隆志
第10章 教師が見る校則の功罪 原田法人
第11章 保護者から見る校則 大塚玲子
第12章 学校だけが悪者なのか? 内田 良

対談 ブラック校則から「ホワイト校則」へ 荻上チキ × 内田 良
ブラック校則 想定問答

*************************************************************

【その2】「いじめを生む教室 子どもを守るために知っておきたいデータと知識」

荻上チキ(ストップいじめ!ナビ代表・評論家)
2018年7月13日発売 定価:本体920円(税別)
ISBN:978-4-569-84077-2 PHP新書

amazon:https://amzn.to/2vsySjA

●内容紹介
いじめに関する悲惨なニュースが報じられ、そのたびに多くの議論が交わされますが、その中には具体的な根拠に欠ける当てずっぽうな議論も少なくありません。
一方で、いじめが社会問題化して以来30年以上にわたり、日本でも世界でも数々の研究が行われ、多くの社会理論が磨かれてきてもいます。

そうした数多くの研究データを一挙に紹介しつつ、本当に有効ないじめ対策とは何かを議論します。いじめ議論を一歩先に進めるために、必読の一冊!

●著者:荻上チキ(ストップいじめ!ナビ代表理事・評論家)
1981年生まれ。評論家。ラジオ番組「荻上チキSession-22」(TBSラジオ)パーソナリティ。

●目次
第1章 これでいいのか、日本のいじめ議論
第2章 データで読み解くいじめの傾向
第3章 大津市の大規模調査からわかったこと
第4章 「不機嫌な教室」と「ご機嫌な教室」
第5章 理論で読み解くいじめの構造
第6章 「ブラック校則」調査から見えたこと
第7章 ハイリスク層へのサポート
第8章 メディアが飛びつくネットいじめ
第9章 教員の課題と「いじめ防止法」
第10章 大人に求められること


【書籍】「いじめを生む教室」代表荻上チキの新刊発売!(PHP新書)

2018-07-10

ストップいじめ!ナビの活動をもとにした
代表・荻上チキが執筆した書籍が発売されました!
ぜひ多くの方にご紹介ください!


「いじめを生む教室 子どもを守るために知っておきたいデータと知識」

2018年7月13日発売 定価:本体920円(税別)
ISBN:978-4-569-84077-2

ご注文はamazonほか、全国の書店で販売しています(15日ごろから)。
(上記書影のamazonリンクからご購入いただけると、一部手数料が私たちの活動の一部になります。ご協力ください)

著者:荻上チキ(ストップいじめ!ナビ代表理事・評論家)
1981年生まれ。評論家。ラジオ番組「荻上チキSession-22」(TBSラジオ)パーソナリティ。同番組にて、2015年度2016年度とギャラクシー賞を受賞。

【内容紹介】
いじめ議論を一歩先に進めるために、必読の一冊!
いじめに関する悲惨なニュースが連日のように報じられ、そのたびに多くの議論が交わされるが、その中には具体的な根拠に欠ける当てずっぽうな「俗流いじめ論」も少なくないと著者はいう。

一方で、メディアには取り上げられずとも、いじめが社会問題化して以来30年以上にわたり、日本でも世界でも数々の研究が行われ、多くの社会理論が磨かれてきた。

そうした数多くの研究データを一挙に紹介しつつ、本当に有効ないじめ対策とは何かを議論する。

【目次】
第1章 これでいいのか、日本のいじめ議論
第2章 データで読み解くいじめの傾向
第3章 大津市の大規模調査からわかったこと
第4章 「不機嫌な教室」と「ご機嫌な教室」
第5章 理論で読み解くいじめの構造
第6章 「ブラック校則」調査から見えたこと
第7章 ハイリスク層へのサポート
第8章 メディアが飛びつくネットいじめ
第9章 教員の課題と「いじめ防止法」
第10章 大人に求められること

NPOの活動が始まってから6年、私たちが行ってきた調査や発信の活動の積み上げが、この一冊にしっかりと収まっています。
データやいじめの最新議論が知れるばかりではなく、私たちが大切にしてきた議論や視点、行ってきた活動なども知っていただく一冊となりました。
みなさま、ぜひ多くの方にご紹介いただき、共通した情報のもとで「いじめをなくす」ための活動の輪を広げていきませんか。

NPO法人ストップいじめ!ナビでは、上記の本を、私たちが伺う講演会でも販売する予定です。詳しくはお問い合わせください。


【コラム掲載】いじめをノックアウト!サイト内(真下)

2018-06-26

【コラム掲載】
NHKのEテレ 「いじめをノックアウト」のWEBサイトに、
理事の真下麻里子のコラムが掲載されました。

Eテレ「いじめをノックアウト!」ーLINEで炎上!どう止める?(真下麻里子のコラム)
http://www.nhk.or.jp/…/ijim…/teacher/2017_013_05_shidou.html

上記番組に関しては、以前から、リンクやいじめ予防授業を番組で放送されるなど、連携をさせていただいています。
実際のいじめ授業の様子などもご覧になれますので、参考にしていただければ幸いです。

「いじめに気づけるクラスになろう!」
(弁護士チームの「いじめ予防授業」の様子を紹介)
http://www.nhk.or.jp/tokkatsu/ijimezero/…

また、いじめをノックアウト!のウェブサイトも、今年の6月から全面リニューアルされています。
http://www.nhk.or.jp/ijimezero/


【新聞記事掲載】滋賀県大津市のSNS相談の取り組み

2018-01-17

副代表須永が委員を務める滋賀県大津市のSNS相談に関する記事が、毎日新聞に写真付で掲載されました(1月15日)。
https://mainichi.jp/articles/20180115/ddm/013/100/025000c

行政によるSNS相談は、長野県についで2番目に大津市が施行しています。また厚生労働省や文部科学省が、自殺対策やいじめ対策で2018年度から事業拡大も予定しています。
今後、インターネットを使った相談体制が広がりつつあり、注目される取り組みです。

(参考)
大津市インターネット等によるいじめ対策会議
http://www.city.otsu.lg.jp/kosodate/kenzen/taisaku/iinkai/1432173177468.html

大津市のいじめ対策(いじめ対策全般):
http://www.city.otsu.lg.jp/kosoda…/kenzen/taisaku/index.html

 


【ウェブサイト】スタンフォード大学 東アジア図書館でのアーカイブ保存決定

2017-11-15

「ストップいじめ!ナビ」の2つのサイト
アメリカ スタンフォード大学 東アジア図書館の

「ウェブアーカイブコレクション」での保存が決定

特定非営利活動法人ストップいじめ!ナビが運営する、ストップいじめ!ナビ「団体サイト http://stopijime.org」および「情報サイト http://stopijime.jp」の両ウェブページが、このたびスタンフォード大学の東アジア図書館のウェブアーカイブコレクション(Snapshot of Japan 2016-2018)に選出され、保存が決定したことをお知らせいたします。

スタンフォード大学の東アジア図書館によると、現在の日本社会(2016年から2018年まで)の時代を反映する意義ある代表的なブログやウェブサイトをウェブアーカイブに加える活動をしており、このウェブアーカイブコレクションに保存された情報は、同大学において今後の研究のための貴重な情報源となるとのことです。

日本のウェブサイトのアーカイブでは、今年亡くなられた小林麻央さんのブログ「KOKORO.」や、近藤麻理恵さんのブログ 「こんまりのときめき片づけDays」、そのほかこれまでに脳科学者の茂木健一郎氏、哲学者の内田樹氏、政治評論家の田原総一朗氏などのブログがすでに保存されているとのことです。

私たちのウェブサイトは、日本社会の社会的、文化的な様々な分野の課題のなかの「ネットハラスメント・いじめ対策関連」として選定されました。

私たちの活動は2012年に始まったばかりですが、いじめの問題はすでに30年以上経ちます。いじめ問題に一石を投じようとはじめたこの活動や発信しているウェブサイトを、研究の情報源として保存していただけることは、大変ありがたいことと思っています。

いじめ問題は日本においてもまだまだ深刻な問題の一つです。私たちが発信していく情報がますます多くの人たちに広がり、日本国内にとどまらず、世界のいじめ問題解決のための一助となっていけるよう、私たちも取り組みを進めてまいります。

スタンフォード大学のウェブアーカイブについての説明
Stanford Library Snapshot of Japan 2016-2018
http://library.stanford.edu/eal/japanese-collections/japanese-collection-news/snapshot-japan-2016-2018


【TEDx】真下麻里子、TEDxでプレゼン。YouTubeで公開中

2017-10-20

◇◆「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の真下麻里子弁護士のTEDxでの講演が,YouTubeにアップロードされました◆◇


上記で動画をご覧になれます。

今年1月、「ストップいじめ!ナビ 弁護士チーム」の真下麻里子弁護士が、TEDxに登壇し、「いじめを語る上で大人が向き合うべき大切なこと」と題して公演しました。先日,その動画がYoutubeにアップロードされました。ぜひご覧になってください。また、シェアなども歓迎

「いじめを語る上で大人が向き合うべき大切なこと」
https://www.youtube.com/watch?v=3C8F-Z1gkeE

 

TEDとは(ウィキペディアへのリンク)

■TEDxとは(上記ウィキペディアより)
TEDの精神である「ideas worth spreading」 のもとに、TEDからライセンスを受け、世界各地で発足しているコミュニティー。TEDの名称は使用しているが、運営や人選、設営などにTED本体は関与していない。

 


【報道関係】取材に関する情報

2017-10-20

報道関係のみなさま

日頃は、私たちの活動にご関心をおよせいただき、ありがとうございます。

この秋は、文科省のいじめや不登校の統計発表や、いじめが増加する時期などもあり、取材のご依頼もいただいております。

NPO法人ストップいじめ!ナビ、またはメンバーへのご依頼は、
info@stopijime.org
までお願いします。

また、ウェブページのフォームでお送りいただいてもスムーズです。
こちらからどうぞ→

私たちの活動や、それに関連する資料や情報は以下からどうぞ。
・ストップいじめ!ナビ 子ども向け http://stopijime.jp
・ストップいじめ!ナビ 大人向け http://stopijime.jp/adult

(情報関係)
・2013年時点でのいじめに関する統計や研究データ http://stopijime.jp/data
・いじめに関する用語集 http://stopijime.jp/term
・いじめに関する裁判例紹介 http://stopijime.jp/precedent
・いじめ報道に関する独自報道ガイドライン http://stopijime.jp/media
・いのちの生徒手帳プロジェクト http://stopijime.jp/school

(発信しているもの)
・各自治体の「いじめ防止基本方針」での姿勢を独自調査し公表(2015年) http://stopijime.jp/check2015
・夏休み明けなどの「連休明け」に関しての呼びかけ http://stopijime.jp/message

(取り組み・連携協力・委員参加等)
・弁護士チームの動き(活動報告一覧) http://stopijime.org/?cat=17
・facebook いじめ防止ホームページ(連携) https://www.facebook.com/safety/bullying
・大津市いじめ対策「いじめの防止に関する行動計画の策定等に係る懇談会」(代表荻上と須永が懇談会委員等に関わる) http://www.city.otsu.lg.jp/kosodate/kenzen/taisaku/iinkai/1437447431302.html

(メンバーの取組・活動ブログから)名前に直リンク
代表 荻上チキ
副代表 須永祐慈
理事 真下麻里子
理事 小島秀一


【登壇】instagramトークセッションに須永が参加

2017-10-18

【副代表須永、instagram「アートウォール」公開イベントに登壇】10.4

当副代表須永祐慈が、10月4日に開催された、Instagramの「#思いやりを言葉に」をテーマにした期間限定のアートウォール(壁アート)公開を記念して行われたトークセッションに登壇しました。

image3

 

 

 

 

このイベントは、Instagramでは同様のウォールを世界の様々な都市で公開しており、写真や動画を撮って「#思いやりを言葉に」のハッシュタグと共にInstagramでシェアすることで、ポジティブなメッセージをプラットフォーム上で広めることを呼びかけています。

みなさんもぜひ、ハッシュタグをつけてInstagramで”前向きなメッセージ”をつけて、広めていただければと思います。

instagram 「#思いやりを言葉に」
https://www.instagram.com/explore/tags/思いやりを言葉に/

イベントには副代表須永の他、アートウォール(10月15日まで、青山の交差点に設置)を制作したアーティスト、Chocomooさん(https://www.instagram.com/yukachocomoo/)、文部科学省の児童生徒課生徒指導室長の松林さんが登壇されたほか、

アメリカからInstagramの最高製品責任者であるKevin Systromさんや、アジア地域担当者なども同席されました。

写真は、港区青山に設置されていた「アートウォール」、Instagram最高製品責任者ケビンさん、Chocomooさんと須永が一緒に映った写真、トークイベントの様子です(一部Instagram社提供)。

image2
IMG_3570

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、トークで発言した内容を、10月5日に配信された「Instagramプレスリリース」の一部から紹介します。

*以下プレスリリースから***************

また、同日にアートウォールの公開を記念し、都内でイベントを開催しました。この度初来日を果たしたInstagram最高製品責任者ケビン・ウェイル、アートウォールのデザインを手がけたChocomoo氏の他、文部科学省 初等中等教育局 児童生徒課 生徒指導室長の松林高樹氏、NPO法人ストップいじめ!ナビ 副代表理事・事務局長の須永祐慈氏も登壇し、いじめを防ぐためのSNS活用や、Instagramによる「#思いやりを言葉に」の意義などにコメントしました。

Instagram最高製品責任者 ケビン・ウェイルは、Instagramが思いやりにあふれるプラットフォームであり続けるための取り組みについて、以下のように語りました。

「Instagramは世界中の8億人、また日本国内の2000万人のコミュニティ(利用者)が安心して利用できるプラットフォームであり続けることを目指しており、コメントコントロール機能や悩みを抱えている人のライブ動画を匿名で報告し、必要なリソースを提供する機能など、多くのツールを発表しています。今後も、多様なバックグラウンドを持つ人々が支え合える場所を実現するため、継続して取り組みを行っていきます。」

文部科学省 松林氏はスピーチの中で以下のように語りました。

「今日の児童や生徒の皆さん、若い方の多くは、電話やメールをほとんどせず、通信の多くをSNSで行っている状況になっています。文部科学省では、電話での子どもの悩み相談を受けておりましたが、来年度に向けて、新たに、SNSを活用して子供が悩みを相談できる仕組みを作っているところです。“思いやり”をテーマに、是非SNSを活用した悩み相談を含め、必ずつながる仲間がいるというメッセージ、いじめ問題への取組の発信に、是非ご協力いただければと思います。」

NPO法人ストップいじめ!ナビ 副理事・事務局長 須永氏はパネルディスカッションにて、次のように語りました。

「つらい経験や、困っていることは特に言葉にしにくいです。Instagramは前向きなメッセージが多く、小さなポジティブな気持ちを共有でき、気持ちを良い方向へ変えていける可能性があることが魅力です。今回発表された #思いやりを言葉に のハッシュタグをつけて発信することで、ポジティブな輪を広げつながり、いやがらせやいじめがなくなる「ごきげんな関係」づくりへ発展していくことを期待しています。」

Chocomoo氏は次のように語りました。

「普段から愛をイラストのテーマにしていたので、この度(アートウォールをデザインする)オファーをいただいたときは、すごく有難かったです。今回のウォール作成はこれまででも一番大きな仕事でした。ウォールには愛があるイメージの赤を起用し、色々なキャラクターが愛を掲げているデザインにしました。」

「#思いやりを言葉に」キャンペーンとは
「#思いやりを言葉に」(本国アメリカでは#KindComments)は2017年3月にInstagramが開始したキャンペーンです。中でも、“思いやり”をテーマにしたアートウォールを設置し、利用者にウォール前で撮った写真・動画にポジティブなメッセージを添えてシェアすることを呼びかける試みは、NYやロンドン、ジャカルタなど世界各国の計X都市で行なってきました。今回は⽇本で初めての取り組みとして、Instagramを中心に活躍するアーティスト・Chocomoo氏によるウォールを東京・青山に期間限定で設置します。

Instagramとは
Instagramは写真や動画を自由に編集・投稿し、ビジュアルコミュニケーションを介して繋がるプラットフォームです。全世界で8億を超えるコミュニティ(利用者)が、Instagram上で共有される体験を通し、家族や友だち、同じ興味・関心を持つ利用者やお気に入りのビジネスなど、様々な人との繋がりを深めています。


【夏休み明け報道】一部報道でコメント/情報発信に関して

2017-09-29

9月1日の前後における自殺の増加についてのニュースが、夏休み明けの時期に、続きました。
それに関連し、私たちも複数の子どもNPOと共同して、
「学校に行きたくないあなたへ、見方はここにいます」
というメッセージを配信いたしました。

http://stopijime.org/?p=621

また、副代表須永を中心に、取材を受け、コメントも発信いたしました。
・8月25日(金) TOKYO MX「モーニングCROSS」
・8月25日(金)長崎文化放送「子どもの自殺を防ごう」
・8月27日(金)日本テレビ news every. 「 もうすぐ新学期 子どものSOS見抜くには」(SOSサインのコメント)
・8月30日(水)朝日新聞「 夏休み後の登校、無理しないで 自殺防止へ団体呼びかけ」
・9月1日(月)  NHKニュース「新学期で都内で生徒相次ぎ自殺か」ーーニュース報道(ニュースシブ5時、首都圏ニュース、ニュース7、ニュースチェック11、おはよう日本で、須永のコメント放送)

なお、自殺に関する報道が夏休み明け前後に集中しましたが、それらの報道に関しては、
「自殺のリスクが高まっている子を自殺に誘引しない配慮」
が必要です。

その点からも、苦しみを抱える子どもたちに対して、前向きになれるメッセージとともに、具体的な「つながり先」「つながれる大人はいる」「対処方法がある」ことも、継続的に発信しております。

・「長期休みブルーにご用心 長期休み明けの子どもに注目して」
http://stopijime.jp/message

また、報道関係者に対しても、自殺に関する過剰な報道を避け、子どもたちや関係者などに配慮した報道を訴えています。
・いじめ報道に関するガイドライン
http://stopijime.jp/media

メンバーの一人で、自殺対策に取り組むNPOライフリンクの清水康之さんも、以下の新聞記事等で報道に関する指摘をしています。
・毎日新聞「夏休み明け報道、識者注文 誘引せぬよう、表現や時期配慮を」2017年9月21日 東京朝刊
https://mainichi.jp/articles/20170921/ddm/004/040/013000c

「いじめ」そのものが増加し、またエスカレートするのは、9月から秋にかけてです。
引き続き、いじめから脱出する方法はあるというメッセージ、また情報発信を、ウェブ、取材、講演等で続けてまいります。ぜひとも継続的な関心と情報の拡散、また団体への支援をよろしくお願い申し上げます。

(ストップいじめ!ナビへの支援) http://stopijime.org/?page_id=27


« Older Entries
Copyright(c) 2014-2018 stopijime.navi All Rights Reserved. Design by Cloud template