Archive for the ‘メディア出演’ Category

【ウェブサイト】スタンフォード大学 東アジア図書館でのアーカイブ保存決定

2017-11-15

「ストップいじめ!ナビ」の2つのサイト
アメリカ スタンフォード大学 東アジア図書館の

「ウェブアーカイブコレクション」での保存が決定

特定非営利活動法人ストップいじめ!ナビが運営する、ストップいじめ!ナビ「団体サイト http://stopijime.org」および「情報サイト http://stopijime.jp」の両ウェブページが、このたびスタンフォード大学の東アジア図書館のウェブアーカイブコレクション(Snapshot of Japan 2016-2018)に選出され、保存が決定したことをお知らせいたします。

スタンフォード大学の東アジア図書館によると、現在の日本社会(2016年から2018年まで)の時代を反映する意義ある代表的なブログやウェブサイトをウェブアーカイブに加える活動をしており、このウェブアーカイブコレクションに保存された情報は、同大学において今後の研究のための貴重な情報源となるとのことです。

日本のウェブサイトのアーカイブでは、今年亡くなられた小林麻央さんのブログ「KOKORO.」や、近藤麻理恵さんのブログ 「こんまりのときめき片づけDays」、そのほかこれまでに脳科学者の茂木健一郎氏、哲学者の内田樹氏、政治評論家の田原総一朗氏などのブログがすでに保存されているとのことです。

私たちのウェブサイトは、日本社会の社会的、文化的な様々な分野の課題のなかの「ネットハラスメント・いじめ対策関連」として選定されました。

私たちの活動は2012年に始まったばかりですが、いじめの問題はすでに30年以上経ちます。いじめ問題に一石を投じようとはじめたこの活動や発信しているウェブサイトを、研究の情報源として保存していただけることは、大変ありがたいことと思っています。

いじめ問題は日本においてもまだまだ深刻な問題の一つです。私たちが発信していく情報がますます多くの人たちに広がり、日本国内にとどまらず、世界のいじめ問題解決のための一助となっていけるよう、私たちも取り組みを進めてまいります。

スタンフォード大学のウェブアーカイブについての説明
Stanford Library Snapshot of Japan 2016-2018
http://library.stanford.edu/eal/japanese-collections/japanese-collection-news/snapshot-japan-2016-2018


【TEDx】真下麻里子、TEDxでプレゼン。YouTubeで公開中

2017-10-20

◇◆「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の真下麻里子弁護士のTEDxでの講演が,YouTubeにアップロードされました◆◇


上記で動画をご覧になれます。

今年1月、「ストップいじめ!ナビ 弁護士チーム」の真下麻里子弁護士が、TEDxに登壇し、「いじめを語る上で大人が向き合うべき大切なこと」と題して公演しました。先日,その動画がYoutubeにアップロードされました。ぜひご覧になってください。また、シェアなども歓迎

「いじめを語る上で大人が向き合うべき大切なこと」
https://www.youtube.com/watch?v=3C8F-Z1gkeE

 

TEDとは(ウィキペディアへのリンク)

■TEDxとは(上記ウィキペディアより)
TEDの精神である「ideas worth spreading」 のもとに、TEDからライセンスを受け、世界各地で発足しているコミュニティー。TEDの名称は使用しているが、運営や人選、設営などにTED本体は関与していない。

 


【報道関係】取材に関する情報

2017-10-20

報道関係のみなさま

日頃は、私たちの活動にご関心をおよせいただき、ありがとうございます。

この秋は、文科省のいじめや不登校の統計発表や、いじめが増加する時期などもあり、取材のご依頼もいただいております。

NPO法人ストップいじめ!ナビ、またはメンバーへのご依頼は、
info@stopijime.org
までお願いします。

また、ウェブページのフォームでお送りいただいてもスムーズです。
こちらからどうぞ→

私たちの活動や、それに関連する資料や情報は以下からどうぞ。
・ストップいじめ!ナビ 子ども向け http://stopijime.jp
・ストップいじめ!ナビ 大人向け http://stopijime.jp/adult

(情報関係)
・2013年時点でのいじめに関する統計や研究データ http://stopijime.jp/data
・いじめに関する用語集 http://stopijime.jp/term
・いじめに関する裁判例紹介 http://stopijime.jp/precedent
・いじめ報道に関する独自報道ガイドライン http://stopijime.jp/media
・いのちの生徒手帳プロジェクト http://stopijime.jp/school

(発信しているもの)
・各自治体の「いじめ防止基本方針」での姿勢を独自調査し公表(2015年) http://stopijime.jp/check2015
・夏休み明けなどの「連休明け」に関しての呼びかけ http://stopijime.jp/message

(取り組み・連携協力・委員参加等)
・弁護士チームの動き(活動報告一覧) http://stopijime.org/?cat=17
・facebook いじめ防止ホームページ(連携) https://www.facebook.com/safety/bullying
・大津市いじめ対策「いじめの防止に関する行動計画の策定等に係る懇談会」(代表荻上と須永が懇談会委員等に関わる) http://www.city.otsu.lg.jp/kosodate/kenzen/taisaku/iinkai/1437447431302.html

(メンバーの取組・活動ブログから)名前に直リンク
代表 荻上チキ
副代表 須永祐慈
理事 真下麻里子
理事 小島秀一


【登壇】instagramトークセッションに須永が参加

2017-10-18

【副代表須永、instagram「アートウォール」公開イベントに登壇】10.4

当副代表須永祐慈が、10月4日に開催された、Instagramの「#思いやりを言葉に」をテーマにした期間限定のアートウォール(壁アート)公開を記念して行われたトークセッションに登壇しました。

image3

 

 

 

 

このイベントは、Instagramでは同様のウォールを世界の様々な都市で公開しており、写真や動画を撮って「#思いやりを言葉に」のハッシュタグと共にInstagramでシェアすることで、ポジティブなメッセージをプラットフォーム上で広めることを呼びかけています。

みなさんもぜひ、ハッシュタグをつけてInstagramで”前向きなメッセージ”をつけて、広めていただければと思います。

instagram 「#思いやりを言葉に」
https://www.instagram.com/explore/tags/思いやりを言葉に/

イベントには副代表須永の他、アートウォール(10月15日まで、青山の交差点に設置)を制作したアーティスト、Chocomooさん(https://www.instagram.com/yukachocomoo/)、文部科学省の児童生徒課生徒指導室長の松林さんが登壇されたほか、

アメリカからInstagramの最高製品責任者であるKevin Systromさんや、アジア地域担当者なども同席されました。

写真は、港区青山に設置されていた「アートウォール」、Instagram最高製品責任者ケビンさん、Chocomooさんと須永が一緒に映った写真、トークイベントの様子です(一部Instagram社提供)。

image2
IMG_3570

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、トークで発言した内容を、10月5日に配信された「Instagramプレスリリース」の一部から紹介します。

*以下プレスリリースから***************

また、同日にアートウォールの公開を記念し、都内でイベントを開催しました。この度初来日を果たしたInstagram最高製品責任者ケビン・ウェイル、アートウォールのデザインを手がけたChocomoo氏の他、文部科学省 初等中等教育局 児童生徒課 生徒指導室長の松林高樹氏、NPO法人ストップいじめ!ナビ 副代表理事・事務局長の須永祐慈氏も登壇し、いじめを防ぐためのSNS活用や、Instagramによる「#思いやりを言葉に」の意義などにコメントしました。

Instagram最高製品責任者 ケビン・ウェイルは、Instagramが思いやりにあふれるプラットフォームであり続けるための取り組みについて、以下のように語りました。

「Instagramは世界中の8億人、また日本国内の2000万人のコミュニティ(利用者)が安心して利用できるプラットフォームであり続けることを目指しており、コメントコントロール機能や悩みを抱えている人のライブ動画を匿名で報告し、必要なリソースを提供する機能など、多くのツールを発表しています。今後も、多様なバックグラウンドを持つ人々が支え合える場所を実現するため、継続して取り組みを行っていきます。」

文部科学省 松林氏はスピーチの中で以下のように語りました。

「今日の児童や生徒の皆さん、若い方の多くは、電話やメールをほとんどせず、通信の多くをSNSで行っている状況になっています。文部科学省では、電話での子どもの悩み相談を受けておりましたが、来年度に向けて、新たに、SNSを活用して子供が悩みを相談できる仕組みを作っているところです。“思いやり”をテーマに、是非SNSを活用した悩み相談を含め、必ずつながる仲間がいるというメッセージ、いじめ問題への取組の発信に、是非ご協力いただければと思います。」

NPO法人ストップいじめ!ナビ 副理事・事務局長 須永氏はパネルディスカッションにて、次のように語りました。

「つらい経験や、困っていることは特に言葉にしにくいです。Instagramは前向きなメッセージが多く、小さなポジティブな気持ちを共有でき、気持ちを良い方向へ変えていける可能性があることが魅力です。今回発表された #思いやりを言葉に のハッシュタグをつけて発信することで、ポジティブな輪を広げつながり、いやがらせやいじめがなくなる「ごきげんな関係」づくりへ発展していくことを期待しています。」

Chocomoo氏は次のように語りました。

「普段から愛をイラストのテーマにしていたので、この度(アートウォールをデザインする)オファーをいただいたときは、すごく有難かったです。今回のウォール作成はこれまででも一番大きな仕事でした。ウォールには愛があるイメージの赤を起用し、色々なキャラクターが愛を掲げているデザインにしました。」

「#思いやりを言葉に」キャンペーンとは
「#思いやりを言葉に」(本国アメリカでは#KindComments)は2017年3月にInstagramが開始したキャンペーンです。中でも、“思いやり”をテーマにしたアートウォールを設置し、利用者にウォール前で撮った写真・動画にポジティブなメッセージを添えてシェアすることを呼びかける試みは、NYやロンドン、ジャカルタなど世界各国の計X都市で行なってきました。今回は⽇本で初めての取り組みとして、Instagramを中心に活躍するアーティスト・Chocomoo氏によるウォールを東京・青山に期間限定で設置します。

Instagramとは
Instagramは写真や動画を自由に編集・投稿し、ビジュアルコミュニケーションを介して繋がるプラットフォームです。全世界で8億を超えるコミュニティ(利用者)が、Instagram上で共有される体験を通し、家族や友だち、同じ興味・関心を持つ利用者やお気に入りのビジネスなど、様々な人との繋がりを深めています。


【夏休み明け報道】一部報道でコメント/情報発信に関して

2017-09-29

9月1日の前後における自殺の増加についてのニュースが、夏休み明けの時期に、続きました。
それに関連し、私たちも複数の子どもNPOと共同して、
「学校に行きたくないあなたへ、見方はここにいます」
というメッセージを配信いたしました。

http://stopijime.org/?p=621

また、副代表須永を中心に、取材を受け、コメントも発信いたしました。
・8月25日(金) TOKYO MX「モーニングCROSS」
・8月25日(金)長崎文化放送「子どもの自殺を防ごう」
・8月27日(金)日本テレビ news every. 「 もうすぐ新学期 子どものSOS見抜くには」(SOSサインのコメント)
・8月30日(水)朝日新聞「 夏休み後の登校、無理しないで 自殺防止へ団体呼びかけ」
・9月1日(月)  NHKニュース「新学期で都内で生徒相次ぎ自殺か」ーーニュース報道(ニュースシブ5時、首都圏ニュース、ニュース7、ニュースチェック11、おはよう日本で、須永のコメント放送)

なお、自殺に関する報道が夏休み明け前後に集中しましたが、それらの報道に関しては、
「自殺のリスクが高まっている子を自殺に誘引しない配慮」
が必要です。

その点からも、苦しみを抱える子どもたちに対して、前向きになれるメッセージとともに、具体的な「つながり先」「つながれる大人はいる」「対処方法がある」ことも、継続的に発信しております。

・「長期休みブルーにご用心 長期休み明けの子どもに注目して」
http://stopijime.jp/message

また、報道関係者に対しても、自殺に関する過剰な報道を避け、子どもたちや関係者などに配慮した報道を訴えています。
・いじめ報道に関するガイドライン
http://stopijime.jp/media

メンバーの一人で、自殺対策に取り組むNPOライフリンクの清水康之さんも、以下の新聞記事等で報道に関する指摘をしています。
・毎日新聞「夏休み明け報道、識者注文 誘引せぬよう、表現や時期配慮を」2017年9月21日 東京朝刊
https://mainichi.jp/articles/20170921/ddm/004/040/013000c

「いじめ」そのものが増加し、またエスカレートするのは、9月から秋にかけてです。
引き続き、いじめから脱出する方法はあるというメッセージ、また情報発信を、ウェブ、取材、講演等で続けてまいります。ぜひとも継続的な関心と情報の拡散、また団体への支援をよろしくお願い申し上げます。

(ストップいじめ!ナビへの支援) http://stopijime.org/?page_id=27


【報道】朝日新聞朝刊(8月30日付)に掲載

2017-08-30

本日、8月30日付の朝日新聞朝刊の1面と第二社会面に掲載された、
夏休み明けの自殺に関する記事に、
ストップいじめ!ナビ、副代表の須永のコメントが載りました。

また、呼びかけを行っている「いのちの生徒手帳」についても、
写真付きで紹介されています。

須永のコメントは以下。
「つらいのは9月1日だけではない。すべての子が楽しく暮らせる
環境づくりを大人が広げていく必要がある」

記事は下記リンクから全文ご覧いただけます。

(2017.8.30 朝日新聞朝刊とウェブ)
夏休み後の登校、無理しないで 自殺防止へ団体呼びかけ
http://www.asahi.com/articles/ASK8V3T7BK8VUTIL009.html?iref=comtop_list_edu_n01

味方、ここにいるよ NPO、HPにいじめ発見シートや脱出策
http://www.asahi.com/articles/DA3S13108754.html
http://www.asahi.com/articles/DA3S13108810.html

 

 

 

 

【私たちの活動を支えるご寄付をお願いしています】
詳しくは→ http://stopijime.org/?page_id=27

 


【代表コメント】取手市のいじめ自殺の対応について

2017-06-08

茨城県取手市の中学生のいじめ自殺に関係した学校、教育委員会の対応に関して、代表の荻上が、レギュラーのラジオにて、コメントを出しましたので、ここにご紹介いたします。

*********************

2017/6/5(月曜日)TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~)
「ディリーニュースセッション」

下記コメントの音声を、以下のSession-22のサイトからお聞きいただけます。

https://www.tbsradio.jp/153512

*********************

「茨城県取手市の中学生自殺、中学校は「重大事態」と報告していたことが明らかに」というニュースについて、メインパーソナリティの荻上チキがコメントしました。

=====================

(荻上)繰り返しになるけれど、繰り返さないと伝わっていかないので、何度もお伝えします。

いじめ防止対策推進法というものができました。その法律ができたことによって、各自治体や学校などは、いじめ対策などに対して組織だって対応しなくてはならないことになりました。

この法律の画期的なことの最大の一つに、学校の教師は、担任一人でいじめ対策をしてはいけない、それをしたら違法であるということになった、ということがあります。罰則はありませんが、違法状態になるわけです。

学校で適切なチームをつくって普段から対策に取り組むことについては、いじめ防止対策推進法で「22条委員会」と言います。なぜならば、法律の第22条に、いじめ対策のための組織を学校は設置しなければならないと書かれているからですね。この委員会は、日常的に設置しなくてはいけない。なにかがあったとき、いざという時に情報共有をしていく組織が、その22条委員会なんです。

また、同じ法律の28条に「重大事態の対処」について書かれています。重大事態が発生した場合は適切な支援をするために、学校は組織を作らなくてはいけないといっているわけですね。つまり、重大事態になったら、先ほどの22条委員会とは別に、別の組織をつくらなくてはいけない。

22条委員会はいじめ対策常設チーム、28条委員会は、○○さんのためのいじめ解決チームみたいなもの(名前はなんでもいいのですが)が、動かないといけないわけです。

「重大事態」とは何なのかというと、「生徒が自殺をしたケース」ではありません。そのはるか手前、生徒の生命、心身、財産に重大な被害が生じた「疑いがある段階」なんです。つまり「疑い」なんです。だから、子どもがSOSを発信している、もう学校に行きたくない、耐えられない、という時点でそれはもう重大事態なんです。

そりゃそうですよね、だって、学校も来れないぐらいおびえている、追い詰められているわけですから。あと一歩で不登校になるかどうかと心配される事態なわけなんですよね。そういうことは、そこから重大事態と設定して「大丈夫だよ」「先生がいまからチームで調べるからね」と伝えて動く。その間「学校に来れないようだったらプリント持っていくからね」とか、「別の教室で教えるからね」とか、あるいは「今日ヒアリングをして、そのことをちゃんと報告するからね」とか、そういうような対応をしなくてはいけないわけですね。

そういった重大事態のチームを設置した場合には、まず調査を行います。調査を行ったうえで、児童生徒とその保護者に対して適切に情報を提供しなくてはならないことが法律に書かれています(第二十八条2項)。そうした調査に基づいてさらに必要な指導を行うことになっているのですね。つまり、この場合において、重大事態というものは学校側が認定して調査をすることになっているんです。

それを今回、取手市の教育委員会が「いじめに該当しない」となぜ決議したことについては、法律上もよくわからないんですよ。だから、女子生徒の母親が何の権限があって教育委員会が該当しないとしたのか、と言っているのですが、その通りなんですね。

法律にもありますが、重大事態と認識した時点で、学校が適切に動かないといけなかった。この点で、学校の問題がまずあります。それに対して教育委員会に報告しても「重大事態にあたらない」という。教育委員会が現場のことをわからずに、いじめとは当たらないというのはなぜなのか。現場が重大事態と報告しているものについて「違うよ」というのはなぜなのか。その理由が隠ぺい以外に思い浮かばないんですね。

隠ぺい以外のケースがあるのだとすれば、いじめの定義がものすごく厳しすぎる自治体なのかと。このぐらいだったら学校のいじめとは言えない、といった偏見が考えうる。あるいはもう一つの可能性として、法律の解釈がものすごく間違っているか、無知か、ですね。

重大事態という単に言葉の意味だけとらえて、そのぐらいだったら何とかなると考え、重大事態ととらえなかったなど、いろんなケースがあって。そこで、あっそうか、隠ぺい以外の可能性もあるなと思ったわけです。まあでも、そのようなことを思われても仕方がないということだったんですね。

というわけで、学校側そして自治体側が適正な対応をできなかったのか、これからどうすれば適正な対応ができるのか、しっかりとした検証報告を出すために、第三者の専門家を入れて、自治体の活動などをチェックするべきです。その報告書をつくる第三者が本当の第三者でなければいけません。いじめについて詳しくないといけません。

本当の第三者というのはもともと自治体の顧問弁護士とか仲のいい弁護士をとりあえず呼びましたというのではだめなんです。なのでいろんな点を含めて検証しなくてはいけないことが明らかにあるので、そのあたりについても徹底的に、中から問題を発見してアピールしてほしいなと思います。

(以上・ストップいじめ!ナビにて書き起こしを行い、一部編集しています)

 

【参考資料】

いじめ防止対策推進法(文部科学省ウェブサイト)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1337278.htm

いじめの防止等のための基本的な方針(文部科学省ウェブサイト・平成29年3月14日改定)
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/04/05/1304156_02_2.pdf

いじめの重大事態の調査に関するガイドライン  (文部科学省ウェブサイト・PDF:274KB)
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/03/23/1327876_04.pdf


【新聞掲載】朝日新聞「小さないのち 大切な君」に荻上コメント掲載

2017-05-31

5月29日、朝日新聞朝刊の「小さないのち 大切な君」の記事にて、代表の荻上チキがコメントを寄せました。

記事全文がウェブでもご覧いただけます。

いじめをなくすために 解決へ向けてできることは:朝日新聞デジタル
「■ストレス発散できる環境に 評論家・荻上チキさん」

http://www.asahi.com/articles/ASK5J3WJFK5JUUPI008.html


【新聞掲載】小島秀一、朝日新聞にコメント(23日)

2017-04-25

◆朝日新聞・朝刊にストップいじめ!ナビ弁護士チームの小島秀一弁護士のコメントが掲載されました◆

4月21日から26日まで、朝日新聞・社会欄において「小さないのち」という、「子どもの自殺予防」に関する特集が連載されています。
その中で、4月23日(日)の朝刊に、小島秀一弁護士のコメントが掲載され、早期発見と早期対応の体制づくりの重要性を訴えました。
ご興味をもってくださった方は、ぜひ、以下の記事をご覧頂ければと思います。

「学校に言わないでって言ったでしょ」 命絶った息子
http://www.asahi.com/articles/ASK4N4T86K4NUUPI00D.html
小島のコメント部分をご覧になるには、会員登録が必要です)
子どもたちが健やかに成長していけるよう、ストップいじめ!ナビは、これからも積極的に活動をしていきます。


【パブリシティ】岩手日報(3月29日)に真下麻里子コメント掲載

2017-03-29

平成27年7月に発生した岩手県矢巾町いじめ事件について、関係した教職員に懲戒処分が出たことを受け、3月29日の岩手日報に弁護士真下麻里子のコメントが掲載されました。

事件当時、同校は、新法制定からおよそ2年も経過していたにもかかわらず、制定前後で体制が殆ど変わっていませんでした。
それは即ち、これまで起きてきた痛ましい事件の教訓を全く生かせていなかった、生かそうとすらしていなかったことを意味します。

これを鑑み、中学二年生で亡くなった当該生徒の一年時の校長に戒告処分、二年時の校長にはさらに重い減給処分が下されました。
また、副校長と二年時の担任には、戒告処分が下されました。
さらに、これらの処分は、岩手県で初のいじめによる懲戒処分でした。

かかる事実を受け、真下は、

① 初の懲戒処分は、いじめに対する問題意識の高まりの表れといえること

② 担任よりも校長の処分を重くしたのは、組織的な対応を求める法の趣旨に合致すること

③ 当該生徒が一年時からいじめを受けていたことに鑑みれば、二人の校長の処分に差をつけたことは、未然防止を前提とした法の趣旨に反すること

の三点を同紙にて指摘しました。

こういった問題点を一つずつ検証・是正していくためにも、ストップいじめナビ!弁護士チームとしましては、これからも積極的に活動を行っていく予定です。

【該当のニュースリンク】(コメント自体は掲載されていません)
いじめ対応めぐり中学校長ら懲戒 県教委、矢巾事件で
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170329_2

 


« Older Entries
Copyright(c) 2014 stopijime.navi All Rights Reserved. Design by Cloud template