Archive for the ‘活動報告’ Category

【書籍】「いじめを生む教室」代表荻上チキの新刊発売!(PHP新書)

2018-07-10

ストップいじめ!ナビの活動をもとにした
代表・荻上チキが執筆した書籍が発売されました!
ぜひ多くの方にご紹介ください!


「いじめを生む教室 子どもを守るために知っておきたいデータと知識」

2018年7月13日発売 定価:本体920円(税別)
ISBN:978-4-569-84077-2

ご注文はamazonほか、全国の書店で販売しています(15日ごろから)。
(上記書影のamazonリンクからご購入いただけると、一部手数料が私たちの活動の一部になります。ご協力ください)

著者:荻上チキ(ストップいじめ!ナビ代表理事・評論家)
1981年生まれ。評論家。ラジオ番組「荻上チキSession-22」(TBSラジオ)パーソナリティ。同番組にて、2015年度2016年度とギャラクシー賞を受賞。

【内容紹介】
いじめ議論を一歩先に進めるために、必読の一冊!
いじめに関する悲惨なニュースが連日のように報じられ、そのたびに多くの議論が交わされるが、その中には具体的な根拠に欠ける当てずっぽうな「俗流いじめ論」も少なくないと著者はいう。

一方で、メディアには取り上げられずとも、いじめが社会問題化して以来30年以上にわたり、日本でも世界でも数々の研究が行われ、多くの社会理論が磨かれてきた。

そうした数多くの研究データを一挙に紹介しつつ、本当に有効ないじめ対策とは何かを議論する。

【目次】
第1章 これでいいのか、日本のいじめ議論
第2章 データで読み解くいじめの傾向
第3章 大津市の大規模調査からわかったこと
第4章 「不機嫌な教室」と「ご機嫌な教室」
第5章 理論で読み解くいじめの構造
第6章 「ブラック校則」調査から見えたこと
第7章 ハイリスク層へのサポート
第8章 メディアが飛びつくネットいじめ
第9章 教員の課題と「いじめ防止法」
第10章 大人に求められること

NPOの活動が始まってから6年、私たちが行ってきた調査や発信の活動の積み上げが、この一冊にしっかりと収まっています。
データやいじめの最新議論が知れるばかりではなく、私たちが大切にしてきた議論や視点、行ってきた活動なども知っていただく一冊となりました。
みなさま、ぜひ多くの方にご紹介いただき、共通した情報のもとで「いじめをなくす」ための活動の輪を広げていきませんか。

NPO法人ストップいじめ!ナビでは、上記の本を、私たちが伺う講演会でも販売する予定です。詳しくはお問い合わせください。


【講演】明智カイト 茨城県立高校で

2018-07-09

【7/4(水)に茨城県立下妻第二高等学校で講演!】

NPO法人ストップいじめ!ナビメンバーの明智カイトが、2年生(約280人)の授業で「性の多様性の授業」をテーマに講演しました。

LGBTの子どもたちが安心できる学校つくりや、周囲の人たちはLGBTの子どもたちに対してどのような配慮をすれば良いか、などについてお話しました。

生徒たちは今までの自分の行動を振り返ったり、改めて自分のことを見つめ直す良い機会となったようです。これからも子どもたちが命や尊厳を大切にできる授業を続けてまいります。


【コラム掲載】いじめをノックアウト!サイト内(真下)

2018-06-26

【コラム掲載】
NHKのEテレ 「いじめをノックアウト」のWEBサイトに、
理事の真下麻里子のコラムが掲載されました。

Eテレ「いじめをノックアウト!」ーLINEで炎上!どう止める?(真下麻里子のコラム)
http://www.nhk.or.jp/…/ijim…/teacher/2017_013_05_shidou.html

上記番組に関しては、以前から、リンクやいじめ予防授業を番組で放送されるなど、連携をさせていただいています。
実際のいじめ授業の様子などもご覧になれますので、参考にしていただければ幸いです。

「いじめに気づけるクラスになろう!」
(弁護士チームの「いじめ予防授業」の様子を紹介)
http://www.nhk.or.jp/tokkatsu/ijimezero/…

また、いじめをノックアウト!のウェブサイトも、今年の6月から全面リニューアルされています。
http://www.nhk.or.jp/ijimezero/


【授業実施】文教大学附属中学校1年生で

2018-05-15

◆◇いじめ予防授業 文教大付属中学校◇◆

平成30年5月1日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士 真下、飯野、足立、西野、大久保の5名で、文教大学付属中学校にいじめ予防授業を行いました。

授業風景

大久保香折弁護士

今回は、中学一年生が対象の授業でした。授業は、初回で行わせていただくことの多い「DVDの貸し借り事例」を読み、この事例はいじめと思うか、いじめだと思わなくとも自分がやられたら嫌か、どうすれば良かったのかなど、質問を投げかけやりとりする形ですすめました。
各クラスとも子どもたちが活発に忌憚ない意見が出され、質問に対して真摯に答えてくれる学生に弁護士チームもいじめ予防授業のやりがいを感じました。

今回が初の授業となった大久保弁護士は、「初回できちんと伝える/教えることができるか不安だったが、生徒たちの素直な意見を聞くことができ、私が伝える/教えるのではなく、一緒に考える時間になったことがとても嬉しかったです。」と感想を述べていました。

今後、文教大学付属中学校では、今回の授業を踏まえ、秋学期に「同調圧力事例」を基にグループワークを行う予定です。
ストップいじめナビ!弁護士チームは、これからも積極的に授業のほか、学校関係者への講演活動を行っていく予定です。
講演の実施に関しては、下記のアドレスからお問い合わせください。

http://stopijime.org/?page_id=231

【文教大学付属中学校・付属高等学校】
http://www.bunkyo.ac.jp/jsh/

授業風景2

足立悠弁護士


【授業実施】浦安市明海中学校

2018-04-26

◆◇いじめ予防授業 浦安市明海中学校◇◆

平成30年4月25日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士石田愛、國松里美、岡田常志の3名で、浦安市立明海中学校にいじめ予防授業を行いました。

今回は、中学二年生が対象の授業でしたが、学校側の要望により、中学1年生にも同じ教室で話を聞いてもらい、一緒に考える時間となりました。
授業は、初回で行わせていただくことの多い「DVDの貸し借り事例」を読み、そこから何を感じたか、この事例はいじめと思うかなど、質問を投げかけやりとりする形ですすめました。
各クラスとも子どもたちが活発に忌憚ない意見が出され、授業する弁護士にとっても「やりがい」を感じました。

3名の弁護士の中の國松弁護士は、ご自身が少し休みをとられていたので、いじめ授業は約1年半ぶりで少し気合が入った、とのことです。
「産休明けの分、準備も行い張り切って授業に臨みました。生徒からの考えがダイレクトに返ってきて、とてもやりがいを感じ、むしろ私が子どもたちから元気をもらった気がします」と感想を述べていました。

千葉県浦安市のいじめ予防授業は、数年前から市内の別々の中学校に伺っており、今年で三回目(三校目)となります。
授業は、浦安市のライオンズクラブさまにお声をかけていただき、浦安市教育委員会のご協力を得て実施しております。ライオンズクラブのみなさまのご協力に感謝いたします。

ストップいじめナビ!弁護士チームは、これからも積極的に授業のほか、学校関係者への講演活動を行っていく予定です。
講演の実施に関しては、下記のアドレスからお問い合わせください。
http://stopijime.org/?page_id=231


【授業実施】私立豊島岡女子学園中学校(弁護士チーム

2018-04-19

石田愛弁護士

◆◇私立豊島岡女子学園中学校 いじめ予防授業◇◆

​平成30年4月18日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士真下麻里子、飯野恵海、井桁大介、石田愛、岡田常志、金子春菜の6名が、私立豊島岡女子学園中学校にて、中学二年生を対象にいじめ予防授業を行いました。

中学二年生の皆さんにとっては、昨年9月の授業以来、2度目のいじめ予防授業となります。まずは前回の復習として、いじめ問題の基本である「いじめの定義」について覚えていますかと質問したところ、あまり間を置かずにクラスのあちらこちらから声が上がり、前回の授業が心のどこかに残っていたのかなと嬉しくなりました。

復習に続いて、新しいワークに取り組んでいただきました。今回は、合唱コンクールの練習時にクラスの中で問題が発生するという事例を題材に、それぞれの言い分がある中でどのように行動すると良かったのか、クラス内での立ち位置によって誰がいつどのように対応することができたのかといったことについて、グループディスカッションを交えながら考えていただきました。

この授業を通して、身近でいじめに発展しそうな問題が発生したときにどのようにいじめの芽をキャッチするか、いじめの芽に気づいたときにそれぞれの立場でどのような対応をすることがあり得るのかなど、ちょっとした対応のコツなどを学んでくださったら大変嬉しく思います。

ストップいじめナビ!弁護士チームとしましては、これからも積極的に授業・講演活動を行っていく予定です。


ご支援のお願いークレジットカード決済が可能となりました

2018-04-05

ストップいじめ!ナビは、いじめを防止するための調査研究や情報発信、啓発活動を行っています。
私たちの団体では、本日から、ソフトバンクが提供する「かざして募金」の寄付サービスを利用開始しました。
スマホやPCから簡単に寄付ができ、携帯電話の利用料金の支払いと一緒に継続的な寄付ができます。
また100円、500円など、小額からの寄付も可能となりました。
私どもの継続的な活動のために、ぜひともご支援をよろしくお願いいたします。

・SoftBankのスマホをご契約の方
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp?corp=453

・ドコモ、au等 上記以外の方
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/creditSelect.jsp?corp=453

なお、みずほ銀行、ゆうちょ銀行(郵便振込)などの方法も、従来通り受け付けております。

(ご寄付いただいた方へのお願い)

私どもにご寄付いただいたお金は、いじめを防止するための情報発信や啓発の活動に、大切に使わせていただきます(ウェブ運営費用や新規調査研究のための費用、事務局の維持管理など)。
なお、恐れ入りますが、郵便局や銀行からお振込みいただいた方は、お問い合わせフォームから、お振込みいただいた旨のご連絡をいただけると幸いです。その際、お名前、ご住所、お電話番号を入れていただきましたら、1000円以上のご寄付をいただいた方に後日、お礼として、私どもが2018年に制作した「いじめ防止啓発パンフレット」をお送りさせていただきます。


【いじめ予防授業】大妻中野中3_模擬調停

2018-03-09

◆◇私立大妻中野中学校 いじめ予防授業◇◆

2018年2月21日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士真下麻理子・石田愛・小島秀一の3名が、私立大妻中野中学校でいじめ予防授業を行ってきました。

今回は、「調停」を題材としたロールプレイを行いました。

このロールプレイは、調停委員チーム、被害者側の代理人チーム、加害者側の代理人チームに分かれ、代表の生徒さん2名から3名に各チームに入ってもらい、演じていただくというロールプレイになります。
演じると言いましても、台本は基本的な設定部分だけですので、大半の発言は、参加した生徒さん達にその場で考えてもらうことになります。
(参加した弁護士は、各チームに1人ずつアドバイザーとしてつき、事前の打合せや本番で困った際の助言、調停終了後の全体への解説などを行います。)

今回の題材は、とある理由で転校せざるをえなくなった生徒が、相手方生徒に謝ってもらいたいとの内容の調停を申し立た、というものでした。

内容の詳細は、今後の他校での授業のネタバレになってしまいますので申し上げられませんが、チームごとに互いに予想外の設定を用意していた中、代表となった生徒さん達は、調停委員や代理人として臨機応変に切れ味鋭い意見を述べ、調停成立に向けて議論を繰り広げてくれました。

また、授業後に頂いたアンケートでは、演じた生徒さんだけでなく、見ていた生徒さん達も、様々な角度から物事の本質を突く感想を述べてくださっていました。

この調停を通じて、本当の意味での中立とは何か、また、対立しあう当事者を和解させるために必要なことは何か等について考えを深めていただき、日常生活に少しでも活かしてもらえれば大変嬉しく思います。

ストップ・いじめ!ナビは、今後も、新しい内容のいじめ予防授業に挑戦していきます。


【授業】私立富士見中いじめ予防授業実施

2018-03-06

◆◇私立富士見中学高等学校 いじめ予防授業◇◆
平成30年2月26日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の真下真理子、飯野恵海、井桁大介が、私立富士見中学高等学校(練馬区)にて、いじめ予防授業を行いました。

今回は中学2年の6クラスを担当しました。生徒にとって昨年に引き続き2回目のいじめ予防授業となりました。

昨年の復習としていじめの定義を確認した後、合唱コンクールに向けた練習中にいじめが起きるというワークシートを用いて、四層構造の説明をもとに、「いじめはダメ」という空気を作る具体策を考えていただきました。

事例の登場人物の想定される心境を生徒同士で話し合うことで、同じ状況に置かれても生徒によって感じ方が異なること、感じ方に正解はないことを意識していただきました。また、細かなコミュニケーションや何気ない振る舞いによって、いじめの深刻化を防ぐことができることを説明しました。

ストップいじめナビ!弁護士チームでは、これからも積極的に授業・講演活動を行っていきます!

 


【授業】東京YMCA高等学院にて

2018-03-05

◆◇東京YMCA高等学院 いじめ予防授業◇◆
平成30年2月28日、「ストップいじめ!ナビ弁護士チーム」の弁護士足立悠と金子春菜が、東京YMCA高等学院にて、いじめ予防授業を行いました。

今年も2月の最終水曜日に行っている、ピンクシャツデーの一環としてお話をしました。
通常の授業より長い、1時間30分で、いじめの定義・四層構造から実際に「いじめはダメ」という空気を作る具体策に至るまで、たくさんのことを考えていただきました。
それぞれが実体験に基づき考え、また体験していない事実についても思いを巡らせ、たくさんの意見を出していただきました。
特に、今回用いた事例と少し事案が異なった場合のことまで考えてくださったのが、とても印象的でした。
「自分は心身の苦痛を感じない」、またはこれまでのつらい経験から、「感じないように感覚を麻痺させてしまっている」としても、他の人は感じ方が違うかもしれない。だから、自分も相手も、心身の苦痛がたまっていく心のコップを溢れさせないように、「いじめはダメ」の空気を作っていってもらえればよいなと思いました。

ストップいじめナビ!弁護士チームでは、これからも積極的に授業・講演活動を行っていきます!

《ピンクシャツデーとは》
2007年カナダの二人の学生から瞬く間に世界に広がった世界的いじめ反対運動。 ピンクのシャツを着て登校した少年が「ゲイ」だといじめられた。 それを見た二人の学生がピンクのシャツを友人・知人に配り翌日登校した。 学校では、呼び掛けに賛同した多数の生徒がピンクのTシャツを着て登校。 学校中がピンク色に染まり、いじめが自然となくなった。 そのエピソードがSNS等世界中に広まり現在では70ヵ国以上の国で活動が行われている。
http://www.pinkshirtday.jp/


« Older Entries
Copyright(c) 2014-2018 stopijime.navi All Rights Reserved. Design by Cloud template