Archive for the ‘未分類’ Category

スクールローヤーチーム発足のお知らせ

2018-02-05

スクールローヤーチーム発足のお知らせ

本日2月5日、ストップ!いじめナビ弁護士チームの下、スクールローヤーチームが発足しました。発足の趣旨は下記のとおりです。皆様のご意見・ご感想・ご支援を心よりお待ちしています(メール:lawyers@stopijime.org)。

PDFファイルでも公開しております→ スクールローヤーチーム発足のお知らせ20180203

ストップ!いじめナビ 事務局

1 スクールローヤーとは

2017年8月、文科省は、いじめなどの問題の解決にあたり、希望する学校に「スクールローヤー」(「スクールロイヤー」と称する場合もあります。)を派遣する取り組みを開始すると発表しました。2018年度より複数の学校で試験的な取り組みが開始される予定です。

スクールローヤーの位置付けや役割については、出来たばかりの制度ということもあり様々な見解が唱えられていますが、私たちはその位置づけを「場の法律家」ととらえています。校医やスクールカウンセラーと同じく、学校という「場」に奉仕する専門家であり、地方自治体や学校法人の顧問弁護士とは異なる存在です。

2 なぜ「場の法律家」なのか

学校は法律的には不思議な存在です。実は、一般の人が思い浮かべる「学校」そのものには法人格はなく、訴訟の当事者にもなりません。当事者となるのは、公立学校であれば地方公共団体、私立学校であれば「学校法人」と呼ばれる学校の設置者です(なお、学校法人のトップは校長ではなく理事長です。)。

そのため、地方公共団体や学校法人に顧問弁護士が付き、教育委員会を支えたり、学校法人の経営等をサポートすることはあっても、学校で起きる日々の問題に関して直接現場をサポートする法律家はこれまでほとんどいませんでした。

私たちは、児童・生徒や教職員が日々活動し、多種多様な問題が生じる学校現場にこそ、迅速で適切な法的支援が必要であると考えています。

他方で、このことは決して弁護士が校長等の管理職に一方的に味方することを意味するものではありません。学校は、子どもの教育を担う極めて公的な場です。また、学校現場で起きる多くの問題は、教育的配慮と切り離して解決方法を考えることはできません。

学校が子どもの心身の健全な発達にとってふさわしい「場」となるよう、客観性と公平性を以て「場」に奉仕することを使命としつつ、教育の専門家である教職員をサポートすることこそ、法律家が最も効果的に子どもの教育に貢献する方法であると考えています。

3 スクールローヤーの役割

私たちは、スクールローヤーの役割を、学校という「場」を法律的にサポートすることで、学校現場における紛争を予防し、またその対処に当たることととらえています。

日常的に教職員から相談を受けることで、学校現場に生じる様々な問題について、その紛争性を見極め、法の理念に即した指針を提示することができます。また、児童・生徒のみならず、保護者や教職員、関係省庁など、利害関係者が多岐にわたる学校運営に、コンプライアンスの視点を導入することが可能になります。

客観的かつ専門的な視点から、子どもが健やかに成長していくために何が必要かを、教職員・保護者・学校設置者とともに考えていくことにより、公平かつ説得力のある問題解決を実現することが可能になると考えています。

4 スクールローヤーはいじめ問題にどのように役立つか

法の専門家である弁護士が継続的に学校現場に関わることは、とりわけいじめ問題の対応に大きな意義を有すると考えています。

第1に、いじめ問題は、教育の視点からすれば、関与した児童・生徒に対する踏み込んだ教育的指導が求められ、その指導は、信頼を基礎とした未来志向かつ融和的なものでなければなりません。他方で法律の視点からすると、再発防止や紛争の適切な解決の観点から、証拠の信用性を吟味しつつ、事実経過を客観的に認定することが必要となる場面も少なくありません。教育者的視点と法律家的視点がバランスよく求められる点に、いじめ問題の複雑性と解決に向けての困難さがあります。バランスの良いいじめ問題の解決を、教育の専門家である教員のみに求めることは現実的ではありません。法律家が継続して教育現場に関与し、教職員との間で互いの専門的知見に基づき検証することで、教育・法律双方の視点を踏まえた適切な対処に繋げることが可能となります。

第2に、いじめ防止対策推進法は、いじめに対する適切な対処のみならず、いじめの未然防止及び早期発見を重要な目的としています。スクールローヤーは、定期的な未然防止の取り組み(いじめ授業、教職員研修、保護者説明会といった啓発活動など)や効果的な早期発見(いじめ法の趣旨に基づく適切ないじめの認定など)に貢献することができます。

第3に、弁護士は厳格な職業倫理を課せられています。そのため、独立した立場で、いじめ問題に関与するそれぞれの関係者の立場を勘案しつつ、法の理念に従った公平・公正な解決の実現に寄与することに適しています。例えば学校によるいじめの認定やその対処に関し、客観性や妥当性を監査することなどが考えられます。

5 スクールローヤーとしての適性

スクールローヤーは、弁護士であれば誰でもできるというわけではありません。学校は教育機関であり、その究極目標は子どもの健やかな成長です。教育的な配慮・判断に対する理解に乏しい弁護士がいじめ問題などに関与することは、学校に不利なことを隠すとか逆に学校叩きに走るといった、教育的にも法的にも無意味な活動をすることにより、かえって問題をこじらせ、紛争を無用に激化させる可能性すら生じさせてしまいます。

教育という営みに十分な理解と敬意を抱く弁護士がその職務に当たることが求められています。

6 ストップ!いじめナビ「スクールローヤーチーム」の設立

私たちは、これまで数多くの学校からご依頼を受け、様々な形で教育現場に携わってきました。それぞれの学校に個性があり、また一人ひとりの教員が日々崇高な理念に基づき教育活動に携わっていることを十分に理解しています。また、メンバー一同、保護者の子を思う気持ちに寄り添い、児童・生徒が自らの可能性を広げ成長していくことを全力でサポートし続けたいと願っています。

我が国のスクールローヤー制度は新設されたばかりです。これから学校現場に導入され、試行錯誤のもと具体的な運用が作られることとなります。初めに方向性を誤ってしまうと、望ましくない運用が定着し、意義の乏しい使い勝手の悪い制度となってしまいます。制度に魂を入れるものは人です。新たな制度が導入される当初こそ、制度のあるべき理念を掲げ、学校と一体となって制度の発展に献身する弁護士が必要です。

今般、我が国にスクールローヤー制度が導入されるに当たり、メンバー各位の経験を活かし、制度の発展に寄与するために、ストップ!いじめナビ「スクールローヤーチーム」を設立することといたしました。今後の活動として、スクールローヤー制度に関する提案、メンバーの学校現場への派遣、シンポジウムやセミナーの実施などを予定しています。

スクールローヤー制度の意義と私たちの理念に賛同してくださる学校関係者の皆様とともに、一同尽力してまいります。多くの皆様のご支援を賜れれば幸甚です。

2018年2月吉日

ストップ!いじめナビ 弁護士チーム 一同

 

■こちらの活動に関するご支援のおねがい
http://stopijime.org/?page_id=27

 


【パブリシティ】岩手日報(3月29日)に真下麻里子コメント掲載

2017-03-29

平成27年7月に発生した岩手県矢巾町いじめ事件について、関係した教職員に懲戒処分が出たことを受け、3月29日の岩手日報に弁護士真下麻里子のコメントが掲載されました。

事件当時、同校は、新法制定からおよそ2年も経過していたにもかかわらず、制定前後で体制が殆ど変わっていませんでした。
それは即ち、これまで起きてきた痛ましい事件の教訓を全く生かせていなかった、生かそうとすらしていなかったことを意味します。

これを鑑み、中学二年生で亡くなった当該生徒の一年時の校長に戒告処分、二年時の校長にはさらに重い減給処分が下されました。
また、副校長と二年時の担任には、戒告処分が下されました。
さらに、これらの処分は、岩手県で初のいじめによる懲戒処分でした。

かかる事実を受け、真下は、

① 初の懲戒処分は、いじめに対する問題意識の高まりの表れといえること

② 担任よりも校長の処分を重くしたのは、組織的な対応を求める法の趣旨に合致すること

③ 当該生徒が一年時からいじめを受けていたことに鑑みれば、二人の校長の処分に差をつけたことは、未然防止を前提とした法の趣旨に反すること

の三点を同紙にて指摘しました。

こういった問題点を一つずつ検証・是正していくためにも、ストップいじめナビ!弁護士チームとしましては、これからも積極的に活動を行っていく予定です。

【該当のニュースリンク】(コメント自体は掲載されていません)
いじめ対応めぐり中学校長ら懲戒 県教委、矢巾事件で
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170329_2

 


【引き続き情報拡散のお願い】”いのち綱”を広げる活動を、継続、しよう

2016-09-08
引き続きの、情報共有のお願い。
 
みなさん、8月下旬から9月1日まで、「夏休み明けの自殺に関する報道」がかなり大きな形で報道が続きました。
 
「夏休み明けの自殺」が増加していることは、内閣府の統計からも明らかになっていますが、夏休み明けのこの時期だけではなく、春休み明け(新学期)、ゴールデンウィーク明け(大型連休明け)、1月から2月にかけてなど、「連休明け」については1年を通して周囲の配慮がされる必要がある、と考えています。
また、「連休明けだけに集中している」のではなく、一年中にわたって、どこかで子どもたちが追い詰められているという現状を、私たちは改めて認識し「誰もが自殺においこまれることのない社会」を目指して、日常的に取り組んでいく必要があります。
 
私たちは、「連休明けブルーにご用心」と題して、引き続き、呼びかけを行ってまいります。
この情報を目にした方一人ひとりの拡散や、日頃からの呼びかけをぜひ、今後も引き続きお願いできればと思っています。
「連休明けブルーにご用心」緊急メッセージ
 
また、「いじめ」に関しては、2学期がより「いじめが深刻化」していく時期と調査でも明らかになっています。
一人でもいじめやいやがらせなどで追い込まれ、苦しむ子どもたちが少なくなるように、「いじめ予防策」を共有していく必要があるほか、「いじめられても、必ず脱出する道があるよ」というメッセージを、具体的な方法とともに、子どもたちへ届けられるように、みなさんによる「拡散」のご協力をぜひ、お願い申し上げます。
ストップいじめ!ナビーいますぐ役立つ脱出策
(子ども向け情報サイト)
 
ストップいじめ!ナビーいじめをとめたい大人たちへ
(大人向け情報サイト)
 
いろんな方々へのご紹介、何卒、よろしくお願いいたします。
 
NPO法人ストップいじめ!ナビ

【マスコミ】報道関係者向けに「いじめ問題」を解説(マスコミ勉強会開催)その2

2016-02-26

先週お知らせした、マスコミの皆様へ向けての勉強会の記録の後編が、
Yahoo!個人記事にて掲載されましたので、再度、お知らせいたします。

Yahoo!ニュース個人―明智カイトさん

メディア自身が「ゲートキーパー」になるという意識を–荻上チキ氏が「いじめ報道」に対して要望
(前半)  http://bylines.news.yahoo.co.jp/akechikaito/20160217-00054475/
(後半) http://bylines.news.yahoo.co.jp/akechikaito/20160223-00054637/

2月5日の夕方、都内にて、マスコミの皆さまをお呼びして、勉強会を開かせていただきました。

荻上チキのプレゼンのほか、江川紹子さんと会場の方々とのセッションも行い、その後も懇親会でも、報道関係者のみなさんとの話が続きました。

いじめなどの報道が、即時的のみだけではなく、恒常的に深く読み解いた報道、子ども達などに配慮した報道がよりすすめばと思います。 今後もこのような催しを予定。私たちもその情報発信のお手伝いができれば、と考えています。

この「マスコミ勉強会」での一部記録を以下からご覧いただけます。

弁護士ドットコムニュースにも、その様子が掲載されています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160209-00004268-bengocom-soci

 


【イベントのお誘い】3月5日「繋がる力でいじめに向き合う」開催

2016-02-22

ストップいじめ!ナビでは、3月5日(土曜日)、ソーシャルベンチャーパートナーズ東京さんと一緒に企画させていただいたイベントを開催します。

いじめを軸に、他の子どもNPOのみなさんと一緒に考える、貴重な機会です。ぜひ、お誘いの上、お越しください!

以下、詳細告知(SVP東京発信)をごらんください。

【facebookイベントページはこちらから! https://www.facebook.com/events/982376681849161/
【参加申し込みページーPeatix】 http://nwm79.peatix.com/

 

◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆◆

第79回 SVP東京ネットワークミーティング
繋がる力でいじめに向き合う
~いじめを止めるオトナの役割

~The 79th SVP Tokyo Network Meeting~
2016年3月5日(土)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「いじめ」や「子どもの自殺」の問題は、30年以上にわたり社会、
教育分野で対策が取られてきています。しかし、いじめが大幅減少し
ているとは言えず、実は基礎的なデータもいまだあまり整っていま
せん。

SVPが投資・協働先として関わる発達障害、LGBTや、不登校、子ども
の貧困などの複雑かつ根深い問題に、いつも、いじめはついて回って
います。今回のネットワークミーティングでは、社会課題の裏に共通に
存在しているいじめに光を当てることで、いじめという課題に正面から
向き合ってみたいと思います。

今回企画から一緒に関わっていただいたNPO法人ストップいじめ!ナビ
では、いじ めの予防・防止のための取り組みとして、様々な分野の専門
家と一緒に、調査や研究、情報発信、提案・提言、啓発、講演活動を重
ねています。

例えば、いじめなどを理由に自殺に追い込まれたり、不登校になったり
する子どもたちについて、マスコミ報道がたびたび加熱していますが、
その課題に向き合うためには、即時的情報ばかりに寄らず、いじめを
生み出す環境がどこにあるのか、どのようなポイントに気が付けば深刻
ないじめにならずに済むのかを、いじめの防止の観点から継続的に考える
ことが重要です。そのために、今回、表面的にはちがう課題に長年取り
組む団体がつながり、知見を共有したいと思います。

また、いじめの完全な「解決」はむずかしいものかもしれませんが、
ある種の回避や、濃淡を変えるなど、ビジネスパーソンの経験や視点から
も活かせる点を考えたいと思います。

今回のイベントでは、評論家でストップいじめ!ナビの代表理事である
荻上チキ氏と、長年活動を積み重ねて来られた今回のスピーカーの
みなさんによるセッションも予定しています。

また、イベントの後には、参加者が集う名刺交換会を予定しています。
当日、会場でお会いできることを楽しみにしています。

■ ゲスト━━━━・・・・・‥‥‥………

●荻上チキさん(代表理事)須永祐慈さん(事務局長)
特定非営利活動法人 ストップいじめ!ナビ
http://stopijime.jp(情 報サイト) http://stopijime.org(団 体サイト)
「いじめ」や関連問題に関する調査・研究、対策を立案、情報発信や
講演、啓発活動を行う。メンバーは不登校経験者や性的マイノリティ
当事者、子どもの電話活動、ジャーナリスト、自殺対策専門家、弁護士など。

●明智カイトさん
いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン 代表
http://ameblo.jp/respectwhiteribbon/
LGBTなど性的マイノリティの子ども、若者に対するいじめ対策、
自殺対策(=生きる支援)などについて取り組みをしています。

●朝倉景樹さん(シューレ大学スタッフ)
特定非営利活動法人 東京シューレ 理事
http://www.tokyoshure.jp
不登校を経験している子どもを中心に、子ども・若者の学びや成長を
「フリースクール」「新しいタイプの私立中学校」「ホームエデュケーシ
ョン」「親・保護者への活動」といった多様な事業を通して、 総合的に
支援しています。

●渡辺由美子さん
特定非営利活動法人 キッズドア 理事長
http://www.kidsdoor.net/
日本国内の困窮家庭の子ども達に向けて、無償の学習支援・体験活動・
キャリア教育を行っている団体です。 すべての子ども達が将来に夢や
希望を持てる社会の実現を目指して活動しています。

●綾屋紗月さん
おとえもじて/東京大学先端科学技術研究センター
http://otoemojite.com/
発達障害を抱える仲間と共に当事者研究を行いながら、発達障害者に
とってちょうどよいコミュニケーションスタイル・環境や言葉の
デザインについて 探究しています。また当事者研究を行っている
他団体や、学術研究との共同研究にも取り組んでいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

開催 概要

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 日時と当日のスケジュール ━━━━・・・・・‥‥‥………
3月5日(土)
15:30 開場
16:00 開始
19:00 終了
19:00~19:30 名刺交換会

■ メニュー ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
1.SVP東京のご紹介
2.ゲストスピーカーからのお話
3.トークセッション(司会進行:荻上チキ)

■ 会場━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
日本財団ビル 2階 AB大会議室
東京都港区赤坂1丁目2番2号
http://www.nippon-foundation.or.jp/who/about/access/

■ 参加費 ━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

・NWM 1,000円(参加費)

■ お申込み方法 ━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

※NWMお申込は下記からお願いします(PEATIX導入しまし た!)。
http://nwm79.peatix.com
※当日参加も受け付けますが、できるだけ事前に申込いただけると助 かります。
※定員100名(先着順)
※終了後に会場辺で名刺交換会を予定しています。
ぜひ、ネットワーク作りの場としてご活用ください。

■ 主催 ━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)

■ 共催 ━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
NPO法人ストップいじめ!ナビ


10月25日(土) いじめとLGBTに関するシンポジウム開催!

2014-10-10

【いのちリスペクト。ホワイトリボンキャンペーン/NPO法人ストップいじめ!ナビ 共催シンポジウム】
「いじめ問題とLGBT(性的少数者)~男らしさ・女らしさの圧力を考える~」開催

いま、いじめの問題は、子どもたちの安全を脅かす重大な問題として注目されています。しかし、LGBTをはじめ、いじめのターゲットとして選ばれやすいマイノリティ集団や、いじめの背景にある「男らしさ」「女らしさ」の圧力について、これまで正面から語られることはまれでした。

10月の「いじめ防止週間」に合わせて、NPO法人「ストップいじめ!ナビ」と「いのちリスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」は、ゲストにレズビアン当事者であることを公表しているタレントの牧村朝子さんをお招きし、いじめ問題について、改めて皆さんと一緒に考えたいと思います。ぜひご注目・ご参加ください!
<シンポジウム「いじめ問題とLGBT(性的少数者)~男らしさ・女らしさの圧力を考える」>
・申し込みはこちらから(先着70名)
http://kokucheese.com/s/event/index/221624/

<内容>
・基調講演 (荻上チキ/「ストップいじめ!ナビ」代表理事、評論家)
・「LGBTの学校生活調査」の調査報告 (遠藤まめた/「いのちリスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」共同代表)
・パネルディスカッション(パネリスト:牧村朝子さん、荻上チキ、遠藤まめた/コーディネーター:大磯貴廣)

<日時>
10月25日(土) 14時~16時半(開場13時半)
なおイベント終了後、17時半まで会場内での交流の時間を設けております。

<場所>
日本財団 2階大会議室(東京都港区赤坂1丁目2番2号)
http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/
※銀座線「虎ノ門」駅、南北線・銀座線「溜池山王」駅、丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前」駅からそれぞれ徒歩5分程度。

<主催>
本シンポジウムは、下記2団体の共催で行います。
・NPO法人「ストップいじめ!ナビ」
http://stopijime.org
・「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」
http://ameblo.jp/respectwhiteribbon/

<ゲスト>
牧村朝子さん牧村朝子さん

1987年生まれ。タレント、文筆家(オフィス彩所属)。2010年度ミス日本ファイナリスト。2012年、フランス人女性と婚約し、レズビアンとしてカミングアウト。2013年、フランスの同性婚法制化を機に結婚した。主な出演『スッキリ!!』、著書『百合のリアル』ほか。

 

 

<講演>

20140620-00036576-roupeiro-004-9-view荻上チキ

NPO法人ストップいじめ!ナビ代表理事、評論家、「シノドス」プランナー/1981年生まれ。評論家
メディア論を中心に、政治経済、社会問題、文化現象まで幅広く論じる。「シノドス」など、複数のウェブメディアの運営に携わる。著書『ウェブ炎 上』『ネットいじめ』『僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか』『彼女たちの売春』など。
<参加費> 500円

<参加方法>
事前申し込み制(先着順):70名
http://kokucheese.com/s/event/index/221624/
よりお申し込みください。
※会場の都合上、定数に達し次第、受付を終了することがあります。

☆当イベントの質問・お問い合わせは下記まで(ホワイトリボンキャンペーン)
wrc2014oct@gmail.com


団体Webサイト、オープン!

2014-09-05

本日9月5日から、「NPO法人ストップいじめ!ナビ」のウェブサイトをオープンしました!

団体の情報、また、いじめに関する情報など、さまざまな角度から、さまざまな発信を行っていく予定です。

みなさま、何卒、どうぞよろしくお願い申し上げます!


Copyright(c) 2014-2018 stopijime.navi All Rights Reserved. Design by Cloud template